辻井伸行ピアノリサイタル@紀尾井ホール

10 月 22, 2009 By: isetoru Category: 音楽



久しぶり4日ぶりの紀尾井ホール。

ヴァンクライバーン国際ピアノコンクールで優勝した

全盲のピアニスト辻井伸行氏のリサイタルです。

四ツ谷からテクテク。

暗闇をうごめく上智の学生の群れが邪魔です(マテ

で。

今回は残念ながら2Fバルコニー席。

しかも左隣のオッサンが余りにもクサイ!

(多分喫煙者で加齢臭も)

ので、右側の席の人来ないといいなーと勝手な野望を念じてみる。

・・・

右4つ空きました(苦笑

俺宗教作れるんじゃないー?とか勝手なこと言いつつ

左右を空けて座る。。

とりあえずにおいから逃れたぞ・・・。

それにしても、客層の年齢が異様に高いような。

いかにクラシックピアノとはいえ、なんでかなぁ。

で。

曲はベートーベンとショパンだけ。

メジャー曲一本槍のわかりやすい構成。

前半ベートーベンのピアノソナタ「悲愴」と「熱情」

いいですねー!!

ちょろっとミスってるけど、力強く、正確な演奏。

ベートーベン合ってる印象です。

そして確かに、

全盲だなんて事は音楽を聴いているとすぐ忘れます。

実際、関係ない世界ですよね。

アウトプットが全て。

この世界では、もちろん目が見えても弾けなければ何の意味も無い。

そういやベートーベンは人生の途中で聴覚を失ってます。

それで作った曲も結構残ってます・・・。

(まぁあんなジャジャーン曲を1日中聴いてたらどうなるか・・・誰にでもわかりますよね。

関係ないけど、モネも途中で視覚を失ってます。

「睡蓮」はほとんど見えない状態で描いた作品も多数あるそうで・・・。

ホント、アウトプットが全てですね。



で、ハーフタイム。

買ったパンフのコラムを読んだりしてマッタリ。


後半はショパン。

バラード1番から入ります。

うーぬ・・・。

速い。

速すぎるな。

ベートーベンのピアノソナタのノリ、そのまんまだと感じました。

2割短縮で終了という印象。

もっと景色を楽しみたいです。

すいません、ショパンは好みの演奏じゃないです。

ただ、

最後の「アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ」は

ピアノソナタ風味もあるためか、

凄く良かったです。

どっちなんだ!(笑

まぁ曲によるとしか。


アンコールで3曲、月光第1楽章なんかも含めて。

その後、

会場に向かってマイクなしで「皆さん本日はありがとうございます!」

といった感じのご挨拶。

これが出来るのが小さい会場の良いところですね。

情熱的な演奏、お疲れ様でした。


ちなみにこの辻井さんは10歳からずっとプロとして活動してるそうで・・・。

元々「神童」系の扱いだったのですね。

で、

準備曲も多くて大変な世界大会に挑戦したい!

盲目だから・・・という枠を本当に破りたい!

という事でクライバーンに参加したのではないか、

といった感じのコラムがパンフにありました。

なるほど。

確かにどんなに上手くても、全盲ピアニストとして取り上げられていると

「逆のバイアス」をかけられてしまうのでしょうね。

「東大卒」がマイナス要素になり得るみたいなものかな?(違うか

演奏時に盲目という縛りよりも、

盲目だから・・・と見られてしまう縛りの方がキツイのだろうな、

などと思うのでした。



今日はBプログラムでしたが、

もし可能ならCプログラムで「ハンマークラヴィーア」とか

聴きにいきたいものですね。



_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク