Archive for the ‘スキルアップ’

ストーリーとしての競争戦略2@アカデミーヒルズ

1 月 20, 2011 By: isetoru Category: スキルアップ
Comments Off

一橋大学の楠木教授による著書

「ストーリーとしての競争戦略」は

かなり良い感じの名著と思います。

(まだ読み途中だけどw

結構永久的な話のノリなのが良いです。

ずっと変わらない原理原則というか。

ストキョウと略してました。

(もしドラに対抗らしい(笑
ただし、「もしドラえもんが女子高生になったら」という紹介でしたがw)

なんだか余り時間も無いので、

ジョエルロブションのパンをゲットしてGO。



フランスパンで作ったサンドイッチで顎が痛くなりました(笑



今回はガリバーの社長だった方が

いかに古臭い(今も)中古車業界に

言われてみればそんなにおかしくもないストーリーを持ち込んで成功したか。

という話中心。

中古車買取専門店になり、

買い取ったものは全て短期間でオートオークション(業者向け)に回す。

最近ではコンシュマー向けにも販売してるみたいですが、

短期間で買えないと基本的には流れていくそうです。


そもそもの仕組みが

中古車をオートオークションから仕入れて倍額で売る。

というパターンが確立されていた業界。

中古車はどこから来るかというと、

ディーラーでの買い換え時の下取りでした。

という事で

万国旗を張って(世界共通らしい)

いっつも何とか祭りと銘打って販売する。

そんな仕組みが出来上がっていたのです。

売れれば超美味しい!

でも全然売れない場合もある・・・

不正も多いので

2、3店舗しか経営しにくい中古車店。

そこでガリバーは

本部一括査定買取で電話形式にしてしまい、

買取店舗はあくまでただの店舗という事に。

そうやって集約する事でばらつきをなくしつつ、

機能が正常にまわるようにした模様。

なるほど。

色々話を伺っていると

元々みんな問題点は認識してるけど動いてなかった、

そこにちょろっと(失礼)効率化したらこうなるんじゃない?

利幅は狭いけどリスクを激減させられて、しかも拡大できるんじゃない?

というストーリーを持ち込んだという感じです。

なるほどなるほど。



ストキョウ?の良いところは、

「ビジネスなんてやってみないとわからんし、

ビジネスの成功の80%は勘とか運で成り立ってる」

と認めてるところです。

だからこそ、20%の理論部分を明確にして

どこが勘でどこが運なのか把握してる事が大事。

という話は凄く説得力あります。

こうやれば成功する、なんて話で誰にでも当てはまる話は無いのに

みんなそれを探してる。

そうじゃないんだと。

原理原則をもっと重視する事で、

そうじゃない部分がより明確化されて

羅針盤が見えてくるんじゃないのかというお話。

凄く良いです。


来月もあるらしい。

まだ成功?というほどまで達してない事例らしいので、

そういう事例からこそストーリーがどうなってるのか

聞き出したいものですね。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

丸の内朝大学 日本の生活美第3回「折形」by山口夫妻

10 月 23, 2010 By: isetoru Category: スキルアップ, 伝統芸能
Comments Off



朝大学の「日本の生活美」もはや3回目。

なんだか人数が減ってるような気がする(苦笑

毎回単発で続きじゃないってのもあるのかも。

(忙しくなったらこの回はいけない、とかなるんでしょうね。)

寝坊しましたが、何とか到着。


今回は「折形」。

なんだかよくわかってませんでしたが、

要は紙を折ってお金を包んだり、といった技法・儀礼です。

香典やご祝儀のような場面で使う「のし」の話から、

日常の月謝袋や代金を仲間に支払う際の包み方まで。

要は

お金をむき出しで渡すという事は「商売」を感じさせる行為なのです。

だから袋に入れる、見えないように包む。

不浄とかそういう事じゃなくて、

私とあなたは商売の関係ではないんですよって事です。

なるほどねー。

実際にお金を紙で包んでみました。

簡単な折りでも、正確には意外と難しい・・・。

不器用だなぁ(汗

何とか先生や周りの人に最終段階をいじってもらって折りました。

実際はお金を渡すことって最近多くて、

結構使える場面多いかも知れません。

(ワークショップの代金なんかも本当は包むべきなんだろうなぁ(笑

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

丸の内朝大学「日本の生活美」講座 第1回@丸の内カフェ

10 月 09, 2010 By: isetoru Category: スキルアップ, 伝統芸能
Comments Off



丸の内朝大学の秋講座スタート。

http://www.ecozzeria.jp/asa-univ/course/15225746.html

私はこの「日本の生活美」と「カレー」の2本立てです。

全くもって朝型じゃなくなってるので、超不安でしたが(苦笑

なんとか寝坊しつつも間に合いました。

今回の会場は丸の内カフェ。

という事で、最寄はどっちかといえば有楽町。

快速に乗り遅れたこともあって、各駅でアキバ経由有楽町へGO。


到着すると見知った方々が結構うけてたり委員だったり。

相変わらず朝大学の人間関係は狭いなー(笑

そういう志向なんでしょうけど、

超自分優先、

対人はゆるゆるで、

たまに会って話せたらイイじゃん?くらいの私はどうなんだろうw

まぁいいや。。

これでも一応人と合わせようと努力はしてるのですよ(笑

で。

第1回は香り。

松栄堂主人である畑正高さんによる

お香の歴史など。

香りには2つの世界があるとの事。

1.香料の配合(1400年の歴史あり、「薫香」)
2.香木を楽しむ(600年の歴史あり、「聞香」)

よって、平安時代の人が聞香をしたような事は無い。

光源氏だって聞香はしたことがないのです(笑

また、聞香は非常にカジュアルなもので、

片膝立てて部屋の隅で香りを楽しんでいる人の絵などご紹介。

余り乱れた格好でやってると、

何となくシ○ナーとかそういう方向にも見えてしまうけど(苦笑

正座して肩肘張ったものではない、ということだけはよくわかりました。


伝説の香木「蘭奢待」(らんじゃたい)の話も

信長関連ではよく出てきますね。

しかしこれが固有名詞であり、人の名前と一緒で

香木ごとの銘なのだという事は初めて知りました。

そうなのかー。


楽しいお話は1時間なのであっという間。

個人的には90分くらい欲しいなー。

お土産のお香まで頂いて退散。

やれ、ありがたや。(能風

銀座にもお店があるとの事で、

実はお香にも興味あるんで今度いってみよう。

香道1日体験も、カルチャーで行ってみないと。

あと

NHKの講座「極める!」の今月のテキストもゲット。

先生の回があるらしい。


予想通り、良いお話を伺うだけの講座のようなので

発表のために集まったりとかは無さそう。

でも、それくらいライトなのが良い。

朝だし(笑

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

オンラインビジネスセミナー 新聞社は“デジタル化”できるのか? ~朝日新聞社のWebへの取り組みについて~

10 月 09, 2010 By: isetoru Category: スキルアップ, ビジネス
Comments Off



若干体調不良の中でしたが

六本木ヒルズへ。

月齢のオンラインビジネスセミナー。

新聞社は“デジタル化”できるのか? 

~朝日新聞社のWebへの取り組みについて~

に参加。

http://www.academyhills.com/school/detail/tqe2it00000d6jvf.html


まずAstandについての話。

2010年4月1日にスタートしたCLUB A&Aの後継サービスです。

いわゆる「コンテンツの有料販売」です。

連載記事やテーマごとに切り分けて、バラして販売するというもの。

1本あたり100円、500文字~1000字。

「意外と売れる一本売り」ですが、

登録者は2万人弱なので、

事業としてはまだまだ規模的に成功とは言えないようです。

そして毎日新聞でAstandの記事を売ったりも初めているようです。

そういう連携もあるのですねぇ。。


で。

どうしても日経新聞電子版が比較で出てきます。

これは仕方ないというか、当たり前ではありますが。。

日経の方は

とにかく紙面と同じものを全て読むことができるサービス。

一方、朝日のAstandは

必要と思った情報を必要なだけ。

結構対照的だし、

新聞社だからこうだ!という正解があって、

皆がそれに突き進んでるなんてことも一切ないのですね。


Astandについては、

「保有コンテンツの一部をマネタイズする」

という全く違う志向で手をつけたとの事。

実際その通りになっています。


そのようなお話に続き、

では社内についてはどのようになっているのか?というお話。

結局新聞社といっても様々な志向の人が集まってるので、

意外と一つの方向に一気に進むということもない。

それで外部からは時代に遅れて動いてるようにみえてしまうそうです。

確かに、そう見えなくもありません。

少なくとも保守的には見えますよね。

ネットに対してもそうですし。

しかし

ネットでは特に状況が刻々と変化してるので

対応していかなければならないのも事実です。


また、発想が自分側主体になってしまうことも多々あるため、

利用者側の立場に立って

「今、何が必要とされているのか?」

を真剣に探る必要があるようです。

なるほど。


対談と質疑も結構濃い目でした。

ネットと親和性の高い広告でも「新聞だから受けられない」というケースがある。

うーん、ありそうだなぁ・・・。

その話は非常に興味深いです。

まぁTVもホントはそう思ってる部分があるのかも知れませんが(笑


今回のお話は

あくまで全体像といった印象で

余り深くは切り込みませんでしたが、

内情というか

内側の人がどういう志向で運営してるのか、

といった点への理解が深まりました。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

ランチョンセミナー クリエイティブマネジメントの真髄 佐藤悦子@六本木ヒルズクラブ

10 月 05, 2010 By: isetoru Category: スキルアップ, ビジネス
Comments Off



ランチつきのセミナー、ランチョンセミナーへ。

今月は佐藤可士和氏の奥様であり、

マネージャーをされている佐藤悦子氏。


社内ではご自身だけがクリエイターでは無く、

内部のクリエイターと外部のクライアントを結ぶ立場にあるそうです。

で、

その中で培った経験についてなどのお話。


まずは事例から。

有名事例ばかりですが、

ユニクロ。

(柳井氏は、なんとプロフェッショナルの流儀を見て会いに来たらしい(笑

そして国立新美術館。

「新」という文字を中心の価値に置くというブランディングについて。

これは実は第2案で、

最初は変なローマ字になる予定だったそうです。

MOMAみたいなものであれば、すぐ美術館だとわかりますが・・・

確かに厳しいですよね。

(個人的には所蔵品が無い美術館は単なるギャラリーであって
美術館では絶対にないと思いますが・・・なかなか良い展示も
してるので、この美術館もまぁよしとしましょう・・・(えらそう(笑

他に今治タオルの話とか。

これも有名事例ですが、

最初の彼らの設定していたゴールは

「世界で展示会を行う」

だったそうですが、

国内ですら認知されていない段階だったので

「現状分析すると、それは到底無理です。」

という回答から入ったらしい。

なんという冷静さ・・・

アホなコンサル系だったら「いいねいいね!目指してぶちあげましょう!」

みたいにやっちゃいそうですが、

逆にそれが信頼度も高めたそうです。

最終的にはデザイナーとのコラボなどを経て

まず国内でのブランド認知が上がり、

最終的にはコンサル開始後5年目に、

先日フィンランドで国際展示を行ったらしい。

おお。


それからは

対外的な対応の考え方、

社内的な対応の考え方について。


対外では、とにかくクライアント側に立とうと。

自社内と対立するって凄い構図ですが、

「常にアウェイ」というのは凄いスタンスです・・・。

そうじゃないと確かにクリエイティブ側が押し付けになっちゃうケースが

多々あるでしょうね。。


社内的には

クリエイターとのすり合わせの重要性、

表現者だけじゃなくて問題解決者なんだ、という意識を摺り込む事について。



全て双方に言葉で説明して納得させなければならない。

言語化できないものは無いのと同じ、

という強い信念で仕事をされてるようでした。

この方がいないと、多分クリエイティブの実現がなされないのでしょう。


質疑では私生活とのバランスなどについても。

仕事以上に優先して

トレーニングの予定を可士和氏のために組んでるそうです。

確かに疲れた感じのクリエイターに

「これで御社は変わりますよ!」

みたいに言われたら萎えるよね(笑

また、

3歳のお子さんはご自身で幼稚園に送り迎えしてるらしい。

ふうむ・・・。


食事と共に

良いお話を楽しみました。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

← 前へ