Archive for the ‘スキルアップ’

丸の内朝大学 能楽クラス最終回@新丸ビル エコッツェリア

9 月 14, 2010 By: isetoru Category: スキルアップ, 伝統芸能
Comments Off



丸の内朝大学の能楽クラスが最終回を迎えました。

あっという間の3ヶ月。

昨日の国立能楽堂での鑑賞(5時間!)を経て

そのフィードバックといった風味の回。



本日は5時起き、しかし3時に寝たのでヤバイ。

ふわふわしつつも、さらに早く出て立ち読みしたり

スタバに6時50分に入ったりしてウダウダ(笑



最初は高砂や絶叫から(笑

歌詞自体は覚えたんですが、やはりうなり方とかコブシ?が曖昧。。

でも前よりみんな声は出てると思います。


今日は宝生流の先生をゲストに、質疑応答など。

昨日のことや能全般について質問が飛びました。


その後は

横浜能楽堂、セルリアンタワー能楽堂の職員さんが来られて

能楽堂のお話など。

横浜能楽堂は桜木町か・・・行ってみたいですね。

セルリアンは既にチケット買ってます。

先日の福島地酒飲みの会があった会場横らしい。(つまりセルリアン地下)


最後は先生の「初心忘るべからず」についてのお話。

色んな解釈があるが、

ステージごと、

自分の進む段階ごとの最初の気持ちを常に持って

フレッシュに事に臨むべし。

基本にして超重要ですね。


楽しい能楽講座でした。

先生方、参加者の皆さんありがとうございました!

またあるらしいので、そしたら参加したいですね。

それまでに自分の中で深めておかなければね。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

ライブラリートーク「地球診断」JAXA人口衛星だいちの目が捉えた地球環境の変化とその処方箋

9 月 11, 2010 By: isetoru Category: スキルアップ
Comments Off

図書館会員向けセミナー、ライブラリートーク@アカデミーヒルズに参加。

今回のお題は「地球診断」。

人工衛星から見た地球の画像を、

様々な専門家(学者からパイロットまで)で分析、

地球の変化とその改善処方箋を探ろうというお話。

ファシリテーターが慶応普通部教師の大田さん。

画像解説中心のセミナーかな?と思いつつ参加。

だったのですが・・・

実際は大物ゲストスピーカーである宮脇昭先生の独壇場に(笑

割と人生論と、大きな話。

(100人の日本人にも取り上げられた人です。)

とにかく凄い人。

本物の学者とはこういう人を言うのでしょう。

現場主義を貫く81歳。

「宮脇方式」という植林の方法まで確立された世界的な学者さんです。

150年かかる森林復活を10数年で成し遂げる。

そんな脅威の方法論ですが、

話を伺うと至極真っ当なもの。

1.そもそもその地域に何億年も自生してきた植物を植えること。

2.それを密集させて混ぜて植えること。

ただこれだけ。

なんですが、ホントの本物の森が出来上がるのです。

(もちろん、

「その地域に根ざした植物を割り出す」

という恐ろしい作業、知的分析が必要です。

だから誰もやってこれなかったのかも。)

日本の本物の森は実は2%しか残っておらず、

あとは適当にあとから植えた杉などばかり。

自社仏閣周りのいわゆる「鎮守の森」は本物が多いらしい。

ふーむ。

人生論中心になりましたが、

とにかく宮脇先生の独壇場。

熱い!

最前列で聴いてしまいました。

こんな講義が割と空いてるのは勿体無いなぁ・・・。

アカデミーヒルズの会員は

ビジネスネタだとワラワラ寄って来るくせに

文化話やこういうネタは余り来ないような印象です。

そこは残念。


私も安藤忠雄さんの「海の森」プロジェクトで

東京にある埋め立てゴミの島に植林に行ったのですが、

その際は適当に並べて植えてました。

ああいう影響力のある方のプランにこそ

宮脇方式を取り入れて欲しい。

だから

アカデミーヒルズは

安藤さんと宮脇さんの対談を企画するか

橋渡しをすべきです!

絶対!(笑


ちなみに

緑化という方向で自分が一番興味があるのは

「都市緑化」です。

大都市で植えるスペースも無かったり

家ばかりぎっしりの場所で

何か上手く緑化していくプランって実行されてないのかな?

と思っているのでした。


トーク後は

スポーツコミュメンバーがやたら来ていたので

梅欄のテラスで東京タワーを見つつ中華。

楽しかったです♪

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

オンラインビジネスセミナー トリプルメディアマーケティングとは? ~3つのメディアによりマーケティングはどう変わるのか、話題の著者に戦略を聞く~@アカデミーヒルズ

9 月 03, 2010 By: isetoru Category: スキルアップ, ビジネス
Comments Off

オンラインビジネスセミナー

トリプルメディアマーケティングとは?
~3つのメディアによりマーケティングはどう変わるのか、
話題の著者に戦略を聞く~

@アカデミーヒルズに参加。

http://www.academyhills.com/school/detail/tqe2it00000csggo.html

話し手は株式会社ADKインタラクティブ社長の横山隆治さん。

モデレーターはニューズツーユーの神原さんです。



52歳という年齢で、ネット広告の最前線にいる横山さん。

昔はアラレちゃんのおもちゃなどにも関わっていたそうです。


そしてセミナーのタイトルでもあるトリプルメディアマーケティング。

これに関するお話を伺うのは、2、3度目ですが

もっと事例に触れつつ何度も伺って自分に浸透させねば。。


Paid Media(買える露出・・・マス、ネットメディア広告など)
Owned Media(自社メディア・・・自社サイトやブランドサイトなど)
Earned Media(ソーシャルメディア・・・SNSやブログなど)

この3つに「分かりやすくするために」分けて、

それぞれの役割を明確にした上で絡ませる。

それによって効果的な広告効果を探れるという話です。


3つのメディアの連携のタイプについても簡単に説明がありましたが、

図を見て読めば「ああ、なるほど」という感じです。

まぁもっと事例を見ないと自分には実感までたどり着きませんが(^^;

ほかに世界における広告単価や日本との違いのデータなども

非常に参考になりました。



今回のセミナーで自分が非常に重要だと思ったのは3点です。



まずはデジタルCMOの配置という理想組織形態について。

これまで大企業では縦割り、部署ごとに分断されて

広告に関する知識、経験が共有されてこなかった。

しかしデジタル時代にそれでは効率が悪すぎる。

だから、

全事業部を統括するデジタルCMOの役職を設置し、

専任のスタッフが知識を積み上げて共有し、

全事業部を連動させつつ、それを活かしてマーケティングを行っていく。

現状での成功事例では、

そういった重要人物個人のスキルにより過ぎているという問題はあるものの、

その方が圧倒的に効率的なマーケティングを行えるという事です。

しかしこの形になっている企業は本当にそうそう無いでしょうね。。

海外では経営者自体が若いので、

ネット、デジタルに関する知識や判断を最初から持ってるわけですが

日本はどうしてもデジタルと隔絶した経営者がまだまだ多いので、

積極的に投資したり上手く統括したりは出来ていない。

経営者の年齢層という話は全くその通りだと思いますし、

実は日本の抱える非常に大きな問題そのものでもあります。


2つ目は、上記の知識の共有と連動する話ですが、

「特殊技能」を持っているからこそ自分の立場があるわけで、

共有してしまったら自分の価値がなくなると考える人が多いこと。

これは別に広告に限らず、全ての職場でそうでしょうが・・・。

「仕組みで何とかするしかない」との事でしたが、

具体的にどういう仕組みを被せれば良いのかはありませんでした。

質問が上手くまとまらず、こうやってブログで書いていると自分の中で

整理されてくるような気がします。遅いけど(苦笑

これは共有したがらない気持ちはわからなくもないし、

仕方ないとも思いますし、

ひょっとしたら解決不能もしくは雇用形態自体を変えないと不可能、

なのかも知れないとも思ったりします。



3つ目は質疑で出たバナーの効果について。

バナーは効果が無いんじゃないか?という質問に対して、

横山さんは「日本はバナーに投資しなさすぎており、粗製乱造しているだけ。

これじゃ効果のあるバナーやクリエイティブは出てこない。

それを作り出せば、効果があるものが出来ると信じている。」との事でした。

確かに日本では「バナーはもう効果が無いもの」といった感じで、

作りも内容もほぼぞんざいな印象です。

お金もまわってきてないでしょうし、

実際に制作単価も安い。

本気で投資してまで効果を追求している人、となると

実はそんなに多くないのかも。。

これは当たり前の話であると共に、盲点でした。

インプレッション数を何とかすることばかり考えず、

広告単体の質を上げるのは本来当たり前ですが、

そこが全体的にいい加減になっているのが現状かも知れませんね。



横山さんのお話は非常にわかりやすかったです。

終了後は名刺交換の行列と混乱になってました(笑

次回は10月6日、アサヒコムの方らしい。


お腹が減りすぎて胃が痛かったので、

そそっと失礼して中村屋でカレーを食べました(笑

夜のヒルズで一番使える店、それは中村屋(^^b

禁煙、空いてる、お茶ビールだけの人も飯の人もOK!なのです。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

六本木ヒルズクラブランチョンセミナー 環境と社会をデザインする電気自動車@六本木ヒルズ

9 月 03, 2010 By: isetoru Category: スキルアップ, ビジネス
1 Comment →



ランチ付のセミナー、ランチョンセミナーへ。

今回は、あの電気自動車エリーカを開発した

慶應義塾大学の清水浩教授。

昨年度は、

ベネッセの福武会長などの支援を得て

電気自動車の技術開発、技術供与とコンサルを行う企業を設立しています。


まずは大学の宣伝から(笑

日本の大学は教育方針を間違っていた、と。

高校まで必死に勉強しているのに、

それよりもレベルの低い一般教養を1年2年でやらせる。

そんなことはせずに、

最初からアウトプットする研究をさせるべき、との事でした。

なるほど。。


そして

21世紀はどうなるのか?といった大きな話が導入。

教授はよくなるに決まってる、と。

なぜなら

技術革新により、

裕福なアメリカ人と同じくらいのエネルギーを

地球上の誰もが使える時代が来る。

その技術の中心は日本だ!という熱い話。


そして

エリーカの資料映像など。

ポルシェ911との加速比較実験。

明らかにエリーカの加速が快適であり、最高速に達するのも速い。

確かにこの技術とエネルギー効率の良さなら、

レコードが数年でCDになり、

フィルムカメラが数年でデジカメに取って代わられたような時代が来ても

全くおかしくはありません。

石油で走る車は約8%のエネルギーを車輪に伝えて走る。

しかし

電気自動車は実に35%のエネルギーを車輪に伝えるそうです。

しかも効率は上がってきている。

リッター何kmとかいうのが笑えるような世界なわけです。

4秒で時速100kmに達するエリーカ。

来年には今作っているモデルにナンバープレートをつけたい、

という予定らしい。


最後の質疑、

水素自動車など燃料電池はどう考えているのか?

という質問が。

実は燃料電池は未だに完成した成功事例が無く

専門家は研究していない、との事でした。

そうだったのか!(笑

燃料をどう補給するのか、安全に運ぶのか、

何よりまず伝導効率も悪くて

どうも上手くいってないようです。

水素とか空気とか色々いましたが、

なかなか難しいのですね。。


ランチョンで、自分の普段の脳内範囲と違う話を伺うのは

非常に刺激になりますね。

次回は

佐藤可士和氏の奥さん、佐藤悦子さんらしい。




_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

ピアノの発表会@サントリーホール(小)ブルーローズ

8 月 13, 2010 By: isetoru Category: スキルアップ, 音楽
Comments Off



通ってるピアノ教室の、

全国発表会みたいなものに参加。

去年に続いて2度目。

サントリーホールで演奏できる!

という触れ込み。

ただ、毎月1回くらいはサントリーに来ている気がするので

(最近はそうでもないか)

小ホールで演奏できるよ!と言われてもそこはそんなでもなし。


私の曲は久石譲、レ・ザヴァントュリエのピアノソロバージョン。




とりあえず腕前に関係なく、大人の教室の発表会。

抽選(運)に通ってお金を支払えば出られます。

でも

こういう割と真っ当な場所で、

大勢の前で演奏する機会はなかなかないので

それ自体は貴重です。

逆に

これがあるために、

ずっとこのための曲ばかりやり続ける流れになる罠も。

私もその罠にはまり、

8ヶ月くらいはこの会のための曲やってました(苦笑

ま、難しすぎる曲を選んだというのもあるんですけどね。。

5拍子。

そんな曲やったことないよ!

と思ったら

ピアニカでテイク5が出てきたけど(笑



夕方集合して、

リハと出番まで3時間以上。

長い・・・。

暇なのでアークヒルズ内のカフェでパンとお茶。

スタバに行っても良かったんですが、

アークヒルズ店は空間的にイマイチ落ち着かないんですよね。。



体が冷え切った頃、

急に?リハと本番。

リハからしてスタインウェイのロングピアノという贅沢さ。



これこそ大人の遊び(笑

能力に関係なく触れられるのが良い。


本番は・・・

暗譜は結構深くやったので

記憶が飛ぶとか、切れてもやり直せないなんて事は一切ありません。

ただ、ポロリしてしまうのは避けられない(苦笑

もともとそんなに上手く弾けてない部分は

緊張すると粗が出ます。

ま、

途中で自分ににやりとしながらやれたので

良いんじゃないでしょうか。

この曲は、ここから更に磨いて

数年後には自分のおいしい持ち曲まで育てていきたいです。



クラシックに行きたいと思うと共に、

パンフレットを見ていて結構クラシック率高いので

独自路線を走った方が面白いような気もしてきました。

どうせ久石譲好きだし(笑

情熱大陸もやりたいんですが、やたらやる人がいる・・・。


次に狙うのは

ASIAN X.T.C.(アジアンエクスタシー)あたり。



さて。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

← 前へ
次へ →