Archive for the ‘ビジネス’

オンラインビジネスセミナー「オープンテーブルにみるオンラインビジネス成功の秘訣」@アカデミーヒルズ

5 月 20, 2011 By: isetoru Category: ビジネス
Comments Off



月例のオンラインビジネスセミナー、

オープンテーブルにみるオンラインビジネス成功の秘訣

~米国発サービスのビジネスモデルと日本市場での今後の可能性について~

@アカデミーヒルズに参加。

http://www.academyhills.com/school/detail/tqe2it00000e2sd5.html

話し手は世界で13000以上のレストランが加盟している

レストラン予約システムを提供する

オープンテーブル日本法人の手嶋さん。

マクロメディアの日本法人を設立した人物でもあります。

(私は今もFireworksを使いまくっております。。m( )m


「レストラン予約サイトをやっている会社」という曖昧なイメージですが、

実態は全く異なるようです。

端末のレンタルから売上アップのコンサル的な要素を含めて、

要は

「システムを中心に大掛かりにレストランの売上アップを請け負っている企業」

というのが本当のところのようです。


電話での予約を受けつつ、

そのお客さんの情報をどんどん端末に入力していく。

その人のデータが蓄積されていく。


オンライン予約の曜日別グラフが出たり、

(月火水が少なく木金土で盛り上がる)

レストラン側からの視線でのマーケティングの切り口が分かりやすく、

ものによっては個人的にかなり新鮮でした。

また、

業種別での電話予約とネット予約の比率のグラフ。

レストランはリアルタイムのオンライン予約がこれまで出来なかった。

電話をして、今あいてますかー?と聞くしかなかった。

そこをシステムで埋めたんだから、

お店の回転率は上がるし、

顧客データは溜まって常連化させる施策を打てるし、

そのお店の売上があがっていくのはもう当然の帰結ではあります。

店側、顧客側がこういうシステムを使うのが当たり前!

という世の中になっていくだろうし、

なった時には本当に今よりさらに強いでしょうね。

今は無償のiPhoneアプリもあるようです。

評価を見ると、地方の店舗の少なさが叩かれてますが、

首都圏の方は試してみてはいかがでしょうか?

私も近く試してみようかなと思います。

リアルタイムで、今近くで空いてるお店がざっと出ます。

で、何時から何名で入れるかわかる。

確かにこれまで無かったし、ホント便利ですよね。

使いこなせるようになりたいです(^^)

他のジャンルであれば、

例えば航空券であれば今もネットでのリアルタイム予約が普通なわけです。

それをレストランに持ち込んだ。

字面で見るよりも、

全然凄い市場の穴なんだなと理解できました。



他にまだリアルタイム予約に対応できてないのが

エステや美容といったジャンル。

なるほど、確かに。

待機時間も無駄になるだろうし、

そういったジャンルに攻め入る企業も出てくるんでしょうね。

私自身も

整骨院や足裏マッサージのような所でも

ネットでリアルタイム予約できたらなぁといっつも思ってます(苦笑

そこが出来るかどうかは天地の差ですよね。



質疑でありましたが、

あくまでリアルタイム予約を柱としたレストラン予約の仕組みであり、

決済までは行わない。

と明確に決めているようです。

レストランは幸福感を提供する仕事。

という言葉が非常に腑に落ちました。



アメリカでは

オープンテーブルでレストランを予約するのが当たり前らしいです。

日本ではまだまだですが、

あと10年したら

オープンテーブルを使っていないのはおかしい。

という状況になるはずだ、という言葉に

確かにこの仕組みで、

この人が言うならそうなるのかもなぁ。。

と思うのでした。



質疑でズバズバ答えて終了。

ネットビジネスどうこうというより、

強いビジョン・価値観と、

ビジネスモデル自体の太い根幹を感じました。


_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

オンラインビジネスセミナー 新聞社は“デジタル化”できるのか? ~朝日新聞社のWebへの取り組みについて~

10 月 09, 2010 By: isetoru Category: スキルアップ, ビジネス
Comments Off



若干体調不良の中でしたが

六本木ヒルズへ。

月齢のオンラインビジネスセミナー。

新聞社は“デジタル化”できるのか? 

~朝日新聞社のWebへの取り組みについて~

に参加。

http://www.academyhills.com/school/detail/tqe2it00000d6jvf.html


まずAstandについての話。

2010年4月1日にスタートしたCLUB A&Aの後継サービスです。

いわゆる「コンテンツの有料販売」です。

連載記事やテーマごとに切り分けて、バラして販売するというもの。

1本あたり100円、500文字~1000字。

「意外と売れる一本売り」ですが、

登録者は2万人弱なので、

事業としてはまだまだ規模的に成功とは言えないようです。

そして毎日新聞でAstandの記事を売ったりも初めているようです。

そういう連携もあるのですねぇ。。


で。

どうしても日経新聞電子版が比較で出てきます。

これは仕方ないというか、当たり前ではありますが。。

日経の方は

とにかく紙面と同じものを全て読むことができるサービス。

一方、朝日のAstandは

必要と思った情報を必要なだけ。

結構対照的だし、

新聞社だからこうだ!という正解があって、

皆がそれに突き進んでるなんてことも一切ないのですね。


Astandについては、

「保有コンテンツの一部をマネタイズする」

という全く違う志向で手をつけたとの事。

実際その通りになっています。


そのようなお話に続き、

では社内についてはどのようになっているのか?というお話。

結局新聞社といっても様々な志向の人が集まってるので、

意外と一つの方向に一気に進むということもない。

それで外部からは時代に遅れて動いてるようにみえてしまうそうです。

確かに、そう見えなくもありません。

少なくとも保守的には見えますよね。

ネットに対してもそうですし。

しかし

ネットでは特に状況が刻々と変化してるので

対応していかなければならないのも事実です。


また、発想が自分側主体になってしまうことも多々あるため、

利用者側の立場に立って

「今、何が必要とされているのか?」

を真剣に探る必要があるようです。

なるほど。


対談と質疑も結構濃い目でした。

ネットと親和性の高い広告でも「新聞だから受けられない」というケースがある。

うーん、ありそうだなぁ・・・。

その話は非常に興味深いです。

まぁTVもホントはそう思ってる部分があるのかも知れませんが(笑


今回のお話は

あくまで全体像といった印象で

余り深くは切り込みませんでしたが、

内情というか

内側の人がどういう志向で運営してるのか、

といった点への理解が深まりました。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

ランチョンセミナー クリエイティブマネジメントの真髄 佐藤悦子@六本木ヒルズクラブ

10 月 05, 2010 By: isetoru Category: スキルアップ, ビジネス
Comments Off



ランチつきのセミナー、ランチョンセミナーへ。

今月は佐藤可士和氏の奥様であり、

マネージャーをされている佐藤悦子氏。


社内ではご自身だけがクリエイターでは無く、

内部のクリエイターと外部のクライアントを結ぶ立場にあるそうです。

で、

その中で培った経験についてなどのお話。


まずは事例から。

有名事例ばかりですが、

ユニクロ。

(柳井氏は、なんとプロフェッショナルの流儀を見て会いに来たらしい(笑

そして国立新美術館。

「新」という文字を中心の価値に置くというブランディングについて。

これは実は第2案で、

最初は変なローマ字になる予定だったそうです。

MOMAみたいなものであれば、すぐ美術館だとわかりますが・・・

確かに厳しいですよね。

(個人的には所蔵品が無い美術館は単なるギャラリーであって
美術館では絶対にないと思いますが・・・なかなか良い展示も
してるので、この美術館もまぁよしとしましょう・・・(えらそう(笑

他に今治タオルの話とか。

これも有名事例ですが、

最初の彼らの設定していたゴールは

「世界で展示会を行う」

だったそうですが、

国内ですら認知されていない段階だったので

「現状分析すると、それは到底無理です。」

という回答から入ったらしい。

なんという冷静さ・・・

アホなコンサル系だったら「いいねいいね!目指してぶちあげましょう!」

みたいにやっちゃいそうですが、

逆にそれが信頼度も高めたそうです。

最終的にはデザイナーとのコラボなどを経て

まず国内でのブランド認知が上がり、

最終的にはコンサル開始後5年目に、

先日フィンランドで国際展示を行ったらしい。

おお。


それからは

対外的な対応の考え方、

社内的な対応の考え方について。


対外では、とにかくクライアント側に立とうと。

自社内と対立するって凄い構図ですが、

「常にアウェイ」というのは凄いスタンスです・・・。

そうじゃないと確かにクリエイティブ側が押し付けになっちゃうケースが

多々あるでしょうね。。


社内的には

クリエイターとのすり合わせの重要性、

表現者だけじゃなくて問題解決者なんだ、という意識を摺り込む事について。



全て双方に言葉で説明して納得させなければならない。

言語化できないものは無いのと同じ、

という強い信念で仕事をされてるようでした。

この方がいないと、多分クリエイティブの実現がなされないのでしょう。


質疑では私生活とのバランスなどについても。

仕事以上に優先して

トレーニングの予定を可士和氏のために組んでるそうです。

確かに疲れた感じのクリエイターに

「これで御社は変わりますよ!」

みたいに言われたら萎えるよね(笑

また、

3歳のお子さんはご自身で幼稚園に送り迎えしてるらしい。

ふうむ・・・。


食事と共に

良いお話を楽しみました。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

松岡正剛 言語のイノベーション 未来が出現する編集技法@アカデミーヒルズ

10 月 05, 2010 By: isetoru Category: ビジネス
Comments Off



アカデミーヒルズにて

第6回 VISIONARY INSTITUTE – 2010 Seminarに参加。

編集者の松岡正剛氏です。

何気なく最前列に陣取り。


詳しい話が書けるほどではなく、

話に食らいついていくのがやっとですが(笑

非常に濃密なお話でした。

結局、編集者を極めていく人はほぼ哲学者であって

多岐に渡る知識と教養が必要なのですねー。


文字の成り立ち、潜む意味から

思想の変遷や原因。

そういったものを、

千夜千冊の中からピックアップした本を2、30冊連続で見つつ

その根底の考え方や価値観を解説。

連動した本のスライドにガンガン移行していくという風味でした。


質疑も一人、なにやらきちんとヘビーなことを聴く人が(笑

あの流れと内容で質問がきちんと出るのは凄いな。。


自分の語彙力のなさと

減りつつある読書量の問題を再認識。

ぶっちゃけ、雑誌を増やしてから読書量が減ったんですよねー。

け、決してyoutubeのせいじゃないと思・・う(笑


やはり

毎月難しい本を1冊くらいは読みたいものです。

脳から汗をかかないと。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

オンラインビジネスセミナー トリプルメディアマーケティングとは? ~3つのメディアによりマーケティングはどう変わるのか、話題の著者に戦略を聞く~@アカデミーヒルズ

9 月 03, 2010 By: isetoru Category: スキルアップ, ビジネス
Comments Off

オンラインビジネスセミナー

トリプルメディアマーケティングとは?
~3つのメディアによりマーケティングはどう変わるのか、
話題の著者に戦略を聞く~

@アカデミーヒルズに参加。

http://www.academyhills.com/school/detail/tqe2it00000csggo.html

話し手は株式会社ADKインタラクティブ社長の横山隆治さん。

モデレーターはニューズツーユーの神原さんです。



52歳という年齢で、ネット広告の最前線にいる横山さん。

昔はアラレちゃんのおもちゃなどにも関わっていたそうです。


そしてセミナーのタイトルでもあるトリプルメディアマーケティング。

これに関するお話を伺うのは、2、3度目ですが

もっと事例に触れつつ何度も伺って自分に浸透させねば。。


Paid Media(買える露出・・・マス、ネットメディア広告など)
Owned Media(自社メディア・・・自社サイトやブランドサイトなど)
Earned Media(ソーシャルメディア・・・SNSやブログなど)

この3つに「分かりやすくするために」分けて、

それぞれの役割を明確にした上で絡ませる。

それによって効果的な広告効果を探れるという話です。


3つのメディアの連携のタイプについても簡単に説明がありましたが、

図を見て読めば「ああ、なるほど」という感じです。

まぁもっと事例を見ないと自分には実感までたどり着きませんが(^^;

ほかに世界における広告単価や日本との違いのデータなども

非常に参考になりました。



今回のセミナーで自分が非常に重要だと思ったのは3点です。



まずはデジタルCMOの配置という理想組織形態について。

これまで大企業では縦割り、部署ごとに分断されて

広告に関する知識、経験が共有されてこなかった。

しかしデジタル時代にそれでは効率が悪すぎる。

だから、

全事業部を統括するデジタルCMOの役職を設置し、

専任のスタッフが知識を積み上げて共有し、

全事業部を連動させつつ、それを活かしてマーケティングを行っていく。

現状での成功事例では、

そういった重要人物個人のスキルにより過ぎているという問題はあるものの、

その方が圧倒的に効率的なマーケティングを行えるという事です。

しかしこの形になっている企業は本当にそうそう無いでしょうね。。

海外では経営者自体が若いので、

ネット、デジタルに関する知識や判断を最初から持ってるわけですが

日本はどうしてもデジタルと隔絶した経営者がまだまだ多いので、

積極的に投資したり上手く統括したりは出来ていない。

経営者の年齢層という話は全くその通りだと思いますし、

実は日本の抱える非常に大きな問題そのものでもあります。


2つ目は、上記の知識の共有と連動する話ですが、

「特殊技能」を持っているからこそ自分の立場があるわけで、

共有してしまったら自分の価値がなくなると考える人が多いこと。

これは別に広告に限らず、全ての職場でそうでしょうが・・・。

「仕組みで何とかするしかない」との事でしたが、

具体的にどういう仕組みを被せれば良いのかはありませんでした。

質問が上手くまとまらず、こうやってブログで書いていると自分の中で

整理されてくるような気がします。遅いけど(苦笑

これは共有したがらない気持ちはわからなくもないし、

仕方ないとも思いますし、

ひょっとしたら解決不能もしくは雇用形態自体を変えないと不可能、

なのかも知れないとも思ったりします。



3つ目は質疑で出たバナーの効果について。

バナーは効果が無いんじゃないか?という質問に対して、

横山さんは「日本はバナーに投資しなさすぎており、粗製乱造しているだけ。

これじゃ効果のあるバナーやクリエイティブは出てこない。

それを作り出せば、効果があるものが出来ると信じている。」との事でした。

確かに日本では「バナーはもう効果が無いもの」といった感じで、

作りも内容もほぼぞんざいな印象です。

お金もまわってきてないでしょうし、

実際に制作単価も安い。

本気で投資してまで効果を追求している人、となると

実はそんなに多くないのかも。。

これは当たり前の話であると共に、盲点でした。

インプレッション数を何とかすることばかり考えず、

広告単体の質を上げるのは本来当たり前ですが、

そこが全体的にいい加減になっているのが現状かも知れませんね。



横山さんのお話は非常にわかりやすかったです。

終了後は名刺交換の行列と混乱になってました(笑

次回は10月6日、アサヒコムの方らしい。


お腹が減りすぎて胃が痛かったので、

そそっと失礼して中村屋でカレーを食べました(笑

夜のヒルズで一番使える店、それは中村屋(^^b

禁煙、空いてる、お茶ビールだけの人も飯の人もOK!なのです。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

← 前へ