Archive for the ‘本’

【本】現代語訳 風姿花伝 世阿弥

6 月 14, 2011 By: isetoru Category: 伝統芸能,
Comments Off

現代語訳 風姿花伝
現代語訳 風姿花伝

世阿弥の風姿花伝。

100P程度の現代語訳版があると伺って早速。

いやー読みやすいですね。

もちろん激簡単なわけはないんですが、

思ったより全然とっつきやすいし、

内容も分かりやすい。

花の例えなどはかなり分かりやすいんじゃないでしょうか。

(本当の真意を得るとかそんなレベルじゃないにせよ。)

能を見るような人は読んでおくと良いんじゃないでしょうか?

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

【本】人の3倍働いて1300億円の会社をつくった社長の ダンドリの手帳 (手帳ブック)

2 月 27, 2011 By: isetoru Category:
Comments Off

人の3倍働いて1300億円の会社をつくった社長の ダンドリの手帳 (手帳ブック)
人の3倍働いて1300億円の会社をつくった社長の ダンドリの手帳 (手帳ブック)

ダンドリが余り良くないので、

何となく目に止まりました(苦笑

アデコの元社長の著書です。

割と経験則羅列系なので

個人的な主観な内容だと思いますが、

なかなか良い事も書いてあります。

忠臣蔵は下準備中心の話というのは確かにその通り。

人生の目標を慌てて決めるな、というのも

ちょっと頷ける考え方でした。

さらっと読めます。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

【本】目利きの東京建築散歩 おすすめスポット33 (朝日新書 238)

9 月 27, 2010 By: isetoru Category:
Comments Off

目利きの東京建築散歩 おすすめスポット33 (朝日新書 238)
目利きの東京建築散歩 おすすめスポット33 (朝日新書 238)

東京にある建築物の紹介本。

文庫本サイズなので、持ち歩きも便利かも。

普段何気なく通り過ぎてる建築物も多いですが、

最近の自分は昔よりは感度が上がってきてると思います。


この本はなんだか有名建築物の一覧という感じでもなく、

アキバのペンシルビルや

水道橋の高校の新しい建物など

何でもかんでもアンテナにかかったものをリスト化してある感じです。

それはそれで面白い切り口です。

有名建築物本はいくらでもありますからね。


ちなみに

御茶ノ水駅が好き(笑

人口の堀と、

その崖際の駅。

病院が多い駅にも関わらず

エスカレータやエレベータ設置ができないなど批判もありますが、

ここの味わいはなんとも言えません。


_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

【本】日本がもし100人の村だったら

9 月 27, 2010 By: isetoru Category:
Comments Off

日本がもし100人の村だったら
日本がもし100人の村だったら

世界がもし・・・の日本版。

何気なくゲット。

最近はやりの池上彰です(笑

内容としてはやはり絵本で

日本を100人で考えると、というもの。

基本的には意外な数字はありませんが

まぁそうだな、と思いつつ。


あと北欧をやたら理想郷みたいに書き添えるのは止めるべき。

北欧は北欧で別の問題抱えてるし、

そもそも人口が少ないから徹底的に効率化しないと成り立たない。


軽く読んで、

人によっては深く考えるシーンがあるのかも。



_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

【本】流される力 by 泉正人

7 月 12, 2010 By: isetoru Category:
Comments Off

流される力
流される力


ファイナンシャルアカデミー社長、泉正人氏の新著。

「流される力」というタイトルですが、

端的に言えば「素直に人の意見を聞いてみよう」

という事になるかと思います。


本書によれば

自分の思い込みや我を捨てて

1.全面的に信頼できる人の思考を全面的に真似て身をゆだねてみる

2.先生やコーチの意見、思考に身をゆだねてみる

3.世間の意見に身をゆだねてみる

ことにより、

全く違ったステージに進める、

自分の思い込みだけの枠から出る事が出来る話といった印象です。


対象を誰にするのか?

どこまで流されて良いのか?

という難しい話にまで踏み込んでくれればより良いのですが、

もしケースバイケースと言われれば、まぁその通りですね。


伸びるのはいつも素直に人の話を聴く人。

というのは古来からずーーーーっと言われてるので、

多分真実なのでしょう。

同時に自分の方向性から1ミリもぶれないというのも

生き方ではありますが、

良い基準を作った上でぶれない生き方をすべきであって

その元を作るためには、

誰かから何かを仕入れてこなければならないという事ではないでしょうか。



もう一つ、

「自分で変えられるものに常に焦点を合わせる」

という仕分けは非常に大切だと思います。


他人、過去・・・変えられないものがあります。

しかし一方、

自分、未来は変えていくことができる。

であれば、

変えられるものに絞って、

そちらに注力して動いていくべきですよね。



素直になること、もっと真似すること。

変えられるものに注力すること。



そのあたりが肝というお話かと思います。

両方とも大切ですね。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

← 前へ