Archive for 6 月, 2003

◇「ユダヤ人大富豪の教え」をゲット。

6 月 30, 2003 By: isetoru Category: 日記
Comments Off

先日発売になった「ユダヤ人大富豪の教え」(本田健著:大和書房)を買って読んだ。発売前から一応待っていた本だが、この本は実際良くまとまっていてわかりやすい。話系の部分には一部脚色もあるようだが、なかなか興味深い話も多かった。無論、これまで読んできたいわゆる「金持ち本」と被る部分は多々あるわけだが、わかりやすさというのは重要だと思う。まぁ自分をミリオネア系の考え方に洗脳しようとしてきた面もあるので、余りにすんなり読めてしまっている面は否定しないけど(笑

ただ、この本はかなりスタンダードだと思う。私的に最重要なのは、

「社会に提供したサービスの質と量」
      =
「社会から受け取る報酬額」

という一文辺りだろうか。要は個々人の収入は社会に与えた価値によって決まってるという話である。当たり前のようでいて見逃しがちな真実では無いだろうか?大概の場合、人は自然に、働いた価値に見合った収入を受け取る場所に行き着くようにできている、というのは私も真実だと思う。医者や弁護士などの特殊な仕事も、経営者や会社員、アルバイトなども皆そうだ。余りに社会的におかしい場合には他に移っていくわけで、最終的には落ち着く所に落ち着く。逆に言うと「社会に提供している価値の格差が収入の格差」という事になる。社会にインパクトを与えていない人の収入は少ないって事だ。まぁ文章上は当たり前の話だが、これを意識している人が一体世の中にどれくらいいるのか?というとかなり疑問だ。だから収入が上がらない理由が「自分が社会に価値を提供していないから」などとは思わず、上司の査定のせいだけだと思うのかも知れない(笑

とりあえずこの言葉をまずワードを使ってでかい文字で印刷し、目の前に貼ってみた。さらに他に気になった言葉を自分の言葉に噛み砕きつつもう1枚壁に貼ってみた。

怪しい?いや、い~んですよ(笑
紙にでも書かないと人間忘れますからね(笑


_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

ゴミ出しバトルと音音音!

6 月 19, 2003 By: isetoru Category: 日記
Comments Off

実家から近くではあるが部屋を借り、初の一人暮らしという事で物を徐々に揃えてきた。しかしネット環境が無く仕事(趣味もだが)がやりづらいために、基本的にはまだ実家で寝泊りしていたりする。

そんな中、新しい家電、家具が送られてくる度に大量のゴミが出た。発泡スチロールのゴミは火曜回収だったが大きい袋で4つ、木曜のリサイクル資源の日のダンボールは、積み上げたら腰の高さまであった。いやーホントにゴミ出しはバトルだ(苦笑)さらに、大家さんは「9時頃に出すようにしてください」と紙に書いて寄越したにも関わらず、8時半に行ったらいつも回収車が来ているという辺りがバトルだ(^^;)しかも梅雨時なので、雨の中もし回収車に間に合わなかったら、濡れ濡れかつ大量のゴミを泣く泣く部屋にお持ち帰りという悪夢が待っているわけで。。とりあえずは(たまたま)何とかなってるが・・・。まぁ前日に出さなきゃOKって事なんだろうけどなぁ。

ゴミ捨てのために初めて寝泊りを開始した夜、昼間はあんなに静かな住宅街なのに様々な音が凄い。一応鉄筋マンションのはずなのだが、隣の部屋の引き戸の開け閉めの「ガラガラピシャ!」(特に現在まだ空っぽの押入れを通して音が来るようだ。何とか対策立てねば。。)、道に面しているために新聞屋のバイクが激しく訪問(3時頃)、合間に頻繁に猫が鳴くという(笑 まぁその程度といえばその程度だが、何だか眠れなかった。押入れは物を詰めればちょっと変わるだろうし、猫はまぁ嫌いじゃないけど猫よけは可能だ。新聞屋は謎テロでも起こさないと防げないけど。

眠れない最大の理由は実は枕が今までより異常に高かった事だと気がついたのは、朝になってからだった・・・。


_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

◇【陶芸】自分の器だけでの生活を目指すぞ!

6 月 08, 2003 By: isetoru Category: 日記
Comments Off

今年になって何故か自分は陶芸に向いている、という気が勝手にした瞬間があって(笑)2月に銀座の一日体験教室へ行き、最終的には3月から市川市内ご近所の先生の所(■注:「陶芸教室 陶沁土(とうしんど)」

http://homepage2.nifty.com/toshindo/ )

を見つけ、通うようになってはや4ヶ月目。まぁまだ本焼き2回分しか参加してないし、作った数も種類も少ないけど・・・。先日は小皿やハシ置きも含めた11点に10種類の釉薬を色々な組み合わせでかけ、今月の本焼き待ちという状態である。

で、そんな中、今月から実家の近くに部屋を借り、一人暮らしへの準備真っ最中だったりするのだが、一人暮らしをしたら○○をしたい!と考えていた事の一つに「自分が作った器だけで食事をする」(味噌汁椀やハシ除く)というものがあった。なんかこう、良いじゃないですか。自分なりに味のある器で美味しく食事をするなんて。

やっぱり器という事で、実際に使い勝手が良くてデザインも優れ、食事が美味しくなるようなものを作ってみたいわけです。器で料理が美味くなるなんてハハハ、みたいに私も思ってたんですが、マジでそれはあります。買ってきた安い寿司をどーーんとひねった板で作った皿(私作じゃない)に盛ったら何か全然違いましたし。ホントです。で、そんな器を作っていくためにもやはりというか当然というか、使用する人間の目線も必要なわけで、かつ自分の弱点というか特徴を見つけて向上を目指すためにも自分で使い倒す!という事がどうしても不可欠だと思うのです。そう考えていくと、自分の普段使うあらゆる種類の器を自作に切り替えていく、というのが最善の道という事で。今は実家と近所の部屋を行き来してるけど、しばらくすると落ち着くので、その後は方針通り行く予定です。

さて、そうなると種類が足りないなぁ。。。もっと作らねば。カレー皿も丼も湯飲みも足りないぞ~~。


_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

豪雨の中の10kmマラソン

6 月 01, 2003 By: isetoru Category: 日記
Comments Off

西立川の昭和記念国立公園で開催された10kmマラソン「東京10K」(トウキョウテンケーと読む)に参加した。台風の影響で朝から雨。電車で千葉から向かう途中で既に豪雨になっていた。本当に凄い雨だった。。。

豪雨の中、西立川駅改札でI氏と苦笑しながら集合。雨の中へ出たくねーーー!と思いつつも、公園入り口脇にある休憩スペースで着替えて中へ。はるばる来たけど参加を取りやめたと思われる人達が続々と戻ってくる。そりゃそうだろうなぁ。まともに着替える場所なんて無いし(各仮設テント内は地面もぐちゃぐちゃ)女の子なんて髪も長いから大変だろうし・・・。

で、なんだかんだで血行派?の我々は雨の中ストレッチしてみたり。身体が冷えていく。。。トイレ行って気がついたら既にスタート時刻だった。慌ててスタート地点へ。(まぁ電子チップで測定するので、遅れてスタートしても関係ないんだけど。)

スタート。混んでいて進まない(笑 地面はぐちゃみどろ。まぁロードに出ればアスファルトだし問題はないわけですが、こういうのも微妙にアレだなぁ、精神的に。走っている間もずっと豪雨。下り坂でのスリップ、転倒が怖かったが、何とか完走。しかしシャツからパンツ、シューズに至るまで雨でぐっしょり、非常に重い。炎天下のランニングよりはマシかも知れないが、この不快さもかなりのものだ。

タイムは前回の同じ大会で73分ちょい。ぶっちゃけ遅い(爆)わざわざ金を払って参加する人間とは思えないくらい遅かった。という事で今回は60分を切るという目標を立てていた。時速10kmちょいで10kmを走り続ければ60分を切る事が出来る。結果は・・・59分!やった!目標達成!!14分短縮は我ながらなかなか嬉しい。あれだけ走ったからこれくらいは・・・という面も勿論あったけど。

今回は物質面で対策を立てていたのが結構功を奏したような気がする。まず長いジャージズボンだったのを短パンに変更、Tシャツだったのをランニングシャツに変更、苦しみ?が紛れるようにMP3プレーヤーを導入(笑)これらの相乗効果と、最近走る量を増やしていた事によって何とか目標をクリアしたのであった。

帰りに深大寺温泉によって身体を温めた。足をもみもみ。深大寺境内で蕎麦を食おうと思ったが、豪雨の中客が来ないからか、目の前で次々と閉店・・・。「今日は末日で棚卸なんですよ~」という意味不明の説明をされる。土曜の観光地で棚卸などあるのかと小一時間問い詰めたかったが、疲れていた我々はシナシナとバス乗り場で移動し、三鷹駅へ。駅前ビル内の千代田鮨で寿司食べて(美味かった)夜に参加予定のイベント集合場所へ向かったのであった。。。


_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク