Archive for 7 月, 2003

ユンケルの成分恐るべし!

7 月 16, 2003 By: isetoru Category: 日記
Comments Off

風邪で倒れた。普段運動して鍛えてるお陰か?昼は起き上がれない位だったが、夕方には雑事をこなせる位に回復した。で、外出時に風邪薬でも追加しようかと薬局に寄ったのだが、何となく「風邪の時にはユンケルが効くらしい」という話をどこかで聞いたような気がしたので、風邪薬ではなくユンケル黄帝液480円を購入。こういう時に好奇心を止められないのがアレだが、まぁそれはそれで(笑

家に戻って飲んでみる。なんと、ユンケルって辛いのか!?で、少ないのですぐ飲み終わる訳だが、ふと成分が気になって説明書を読んでみる。えーと・・・。

①マムシの皮と内臓を除いて乾燥させたもの・・・なるほど、いかにもって感じだね。

②ジャコウネコの腺分泌物・・・なるほど、いかにも・・・ちょっとマテ!?魔女だろお前!(笑

③牛の胆のうに生じた結石・・・あ、やっぱり魔女なんだね(笑

後はまぁ植物やローヤルゼリーな訳だが、なんかこの前半を読んでるだけでアレな感じだ。開発者ってこういう物を延々と組み合わせて薬作ってるのかね~。

リアル魔女ですね(笑

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

冒険の余地

7 月 12, 2003 By: isetoru Category: 日記
Comments Off

チリの海岸に打ち上げられた謎の物体の正体が判明した。マッコウクジラの死骸らしい。

マッコウクジラが死亡して腐敗

皮膚、脂肪、骨格が残る

骨格が海中に沈み、皮膚と脂肪が浮遊

という事だったらしい。

なるほど、と思いつつも、しばらく調査すると原因が判明してしまう現代はツマンナイもんだなとも同時に思ったりする。昔だったらこういうものはずっと謎のままであり、伝説化して面白かっただろうなと思うんである。もちろん現代でもわからない事はたくさんあるわけだが、多分に高度な内容に絞られて来ているわけで。。。こういうボカーンという突如起こるよくわからない内容の事を「なんだろう?なんだろう?」とずっと楽しむ事は出来ない。

地球上に行けない所が無くなったのと同じ事かも知れないが・・・。(行けない、と世界的に思われていたところは100年前にはまだ結構あった様子だったりする。)人跡未踏の地の写真集を本屋で見てしまう世界は、知識欲は満たすが想像は楽しみにくいのかも知れない。


_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

生きている器

7 月 04, 2003 By: isetoru Category: 日記
Comments Off

自作の器だけで食事をしているが、「器は生き物」という事をひしひしと感じる。説明しないとかなり怪しい言葉だが、具体的な話である。

陶器にかける釉薬(うわぐすり)の種類によって様様な色合い、風味を出しているわけだが、その中に完成後「貫入」というヒビが入る種類がある。それは模様にもなるわけだが、自然に出来る表面コーティングの下層にあるヒビである。で、このヒビは寒暖の差、食事への利用などでどんどん広がっていくのである。使い込んで貫入が細かく細かくなると非常に魅力的だ。意図的に広がるものなのか気になって、電子レンジでパンを焼いた直後にふと冷水につけてみたりした(笑 いや、何事も勉強って事で・・。それを一番お気に入りの器で試していることに後で気が付く辺りが自分らしいミス?かも知れないが・・・。若干ではあるが確かにヒビが増えたような気がした。

最近なんとなく自分の好みというか、どういう風味の器が好きなのか少しだけ見えてきている。新しい物を見るたびに変わっていくのかも知れないが、とりあえず現状では特に何というものも無かったので、それはそれでちょっとさびしいし。で、自分が好きそうな特徴は下記。

・貫入が入る白系の釉薬(ハッキリ入る方が良い)
・さらに何らかの変化をつける釉薬を被せる
・形は不定形

しばらくはこれを基本にやっていこうかなと思ったりする。まぁ最後の不定形に関しては、定形が作れないからそうなってるんじゃないか?という要素も若干あったりしなくもないが(笑


_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク