Archive for 9 月 6th, 2009

東儀秀樹ツアー2009feat古澤厳@オーチャードホール

9 月 06, 2009 By: isetoru Category: スキルアップ, 音楽
Comments Off



オーチャードホールで

初めて東儀秀樹。

なぜか

ゲストが古澤巌氏のヴァイオリン。

最初はドカドカドムドムというドラムと共に

なんかうるさい曲が・・・。

うーん、ちょっと嫌な予感。。

ドラム要らないよ(苦笑

これじゃ

篳篥がただ「SAX」みたいな位置づけになってるだけじゃん。

ドラムが無駄にうるさい。

ちょっと不安を感じつつも

古澤さんが出てきて不安払拭。

そこからは割と落ち着いて

篳篥とヴァイオリンでのスカボローフェアとか

意外に、いや凄く良かった。。

トークも満載。

二人はどうやら10年以上前からの友達で

定期的なインストルメンタル系コンサートで競演していたらしい。

でもツアーに来てもらうのは初めてらしく。



そういや

古澤さんが

「いつもモンティのチャルダッシュばかりやって・・・と言われてしまいまして」

みたいな(笑



やった曲が

「悲しみのチャルダッシュ」なのですが・・・。

「チャルダッシュの真似した曲を作って見ました」(笑

とのことですが、ホントそのまま適当にアレンジした風味の曲だ(笑

素晴らしい音ながら、プププと思う点も無くも無し。



そんな感じで

初の東儀秀樹コンサートでしたが

今度は伝統的な系統の方に行ってみるかな。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

ベルギー幻想美術館@Bunkamura ザ・ミュージアム~クノップフからデルヴォー、マグリットまで

9 月 06, 2009 By: isetoru Category: アート
Comments Off

ロフトからスタバ公園前通り店でのPC仕事を経て

東急文化村へテクテク。

裏道わかりにくい・・・。

ベルギー幻想美術館を文化村のザ・ミュージアムで。

————————-
近代ヨーロッパの美術界の中で、ベルギーにおいては19世紀後半から20世紀にかけて、心の奥の世界を描き出した象徴主義、夢や無意識の世界を描き出したシュルレアリスムの優れた画家たちが登場し、幻想美術と呼ぶべき系譜を生み出しました。本展覧会は、姫路市立美術館が所蔵する、日本最大級の質と規模のベルギー美術コレクションから、19世紀末のフェルナン・クノップフ、ジャン・デルヴィル、ジェームズ・アンソールらから20世紀のポール・デルヴォー、ルネ・マグリットまでの油彩、素描、版画などにより構成され、まれにみる濃密な展開を示したベルギー近代美術のハイライトを紹介します。
————————-

http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/shosai_09_belgium.html

文化村にしては地味な(失礼)題材だからか

空いてました。

シュールレアリスム系メイン、

クノップフとマグリッドをどこかで軽く見たことがあるくらいで

(美の巨人たちにも出てきたことあったような?)

あと全然知らない・・・

ベルギーなのかわかってなかったし(苦笑

でもこれも経験という事でGO。

なるほどなるほど・・・。

基本的にキリスト教系も多い。

シュール作品には興味深い作品もありました。

帰りに「クノップフ 習作女性」のクリアファイルをゲット。



文化村の中をうろついていたら

脳科学の茂木教授と佐藤卓が対談してました。

そこらで重要人物に遭遇する町、渋谷。

恐るべし(苦笑

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

POPBOX2009 -FIGHT-展@渋谷ロフト・・・そして、遭遇。

9 月 06, 2009 By: isetoru Category: アート, グッズ
Comments Off

渋谷ロフトへ。

POPBOX2009 -FIGHT-展を

入り口の小さなスペースで。



明日のジョーをテーマにしたポップな作品を

各イラストレーターが描いた作品が展示してありました。


ブースではアーティストさんのサイン会が行われていました。

タケヤマノリヤ先生のデザイン葉書を探すも見つからず。。

で。

明日のジョーをテーマにした各作品をマッタリ見てると

横にどっかで見たことがあるオッサンが・・・。

TVカメラつき(笑

うーんうーん・・・。



ちばてつや御大本人じゃないか・・・(滝汗

伝説の漫画家あらわる。

明日のジョーのオマージュ作品群をちば氏と二人で並んで見るという

シュールな世界に突入。

彼の感想を横でムグムグと聞いてると

「いやー凄いね、面白いね」

みたいな事をおっしゃってました。

なるほど。


絵は大体売れていて

グッズもそんなに無かったのですが、

ちばてつやとの遭遇という大きなお土産をゲットしたのでありました。


_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

岡本太郎「明日の神話」@渋谷マークシティ通路

9 月 06, 2009 By: isetoru Category: アート
Comments Off

八王子から渋谷へ移動。

岡本太郎の「明日の神話」も

移転後ちゃんと見てなかったので通りすがりつつ。



http://www.1101.com/asunoshinwa/

いやー

いいですね!

いい場所に置いたと思います。

ほとんどの人間は無関心に通り過ぎていくけれど

何人かは座って遠くから見ています。


この絵は

ピカソを越えるためにに岡本太郎が描いた作品です。

要はまぁピカソのゲルニカが相手です。

どっちも凄いと思います。

テーマが爆撃、原爆という重いものではありますが、

圧倒的な迫力で目から脳に迫ってきます。

生活空間にアートを。

特に巨大で

簡単には動かせないもの。

その設置が町の価値を上げ、

人の心を潤します。

何かを考えるきっかけになるかも知れない。

もっと広がると良いですね。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

大河原邦男のメカデザイン ガンダム、ボトムズ、ダグラム@八王子夢美術館

9 月 06, 2009 By: isetoru Category: アニメ, アート
Comments Off

余りに遠いので少し考えましたが(笑

八王子夢美術館へ。



「大河原邦男のメカデザイン展」です。

http://www.yumebi.com/


大河原邦男と言えば、小さい頃から親しんできたロボットアニメ、

そのメカデザインの大部分に関わってる先端のメカデザイナーです。

先駆者であり、今もトップランナー。

恐るべし。



延々と中央線に乗って八王子に到着。

一直線なのに

大体7、80分かかってます。

鎌倉と同じくらいかなぁ。

そりゃ遠く感じるはず(苦笑

ここも都心と別の文化圏という感じで

勝手に?発展してます。

最近は立川に客を食われてるそうですが、まだまだ元気。

で。

夢美術館の位置は大体はわかるのですが、

行きはタクシー、帰りは歩きという確実な方向で。

到着してビルに入り、2Fへ。

んーわかりにくい入り口だ。。

そして美術館に突入。

いやーいい感じです!

ロボットアニメのメカてんこ盛り。

小さい頃のメカアニメは強烈に刻み付けられている感じ。

ガンダムはもちろん「ガンプラ」ブームと切り離せない巨大な記憶。

田舎のおじいちゃんが、組み立てて色塗って

大きなダンボールで送ってきてくれました。。

ドムとか一番でかいのが入っていてビックリしたなぁ。

(田舎の家は文房具屋だったので、プラモも置いてました。

なので、人気の商品を仕入れられたらしい。)

という事で

ガンダム系の絵やラフスケッチをじっくりと。。

合間に

トライダーG7とかガリアンとか。

トライダーはストーリーはともかく、メカはかっこよかった(笑

ガリアンはメカも超かっこいいし、

ストーリーは今思い返しても大人です。

あの結末はリアル系の近未来SFそのもの、

今も全く問題なく通用する真っ当なテーマと思います。

ガリアンかっこいいなー。

このDVDボックス表紙絵のポスター飾りたい・・・(笑

遺棄されたダグラムの絵もカッコいい!!

変形メカものでは

手描き時点でのメカの変形の様子をコマ割りで描いた下絵が・・・。

上手すぎる也・・・。

いいなぁ。

そして

やはりボトムズ。

自分の中ではガンダムよりちょい上にボトムズがあったりします。。

ま、一部不合理ファンタジーでありつつも

超リアル路線。

最近も「ペールゼンファイルズ」(全12話)として新作が出ていました。

そのメカデザインももちろん大河原さん。

私の人生だけでも、少なくとも30年くらいは関わってるんじゃないだろうか(笑

超合金、ガンプラ。

刻み付けられている記憶と連動して

かなり楽しめました。

なんかガンヲタ集団がムサイの構造を話し合っていた・・・(笑


取り上げ規模としては

ガンダム

ボトムズ

ヤッターマン

その他

といった感じかな?


帰りに思わず書籍やカタログ、

そして

以前やったという安彦良和展の図録もゲット。



ふむー。


徒歩で八王子駅へ。

やっぱり、割と遠いぜ(家からも駅からも(苦笑


でも次回の

魯山人展も気になるなー。

まぁ

魯山人なら都心でも何度もやるんだろうけど・・・。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

← 前へ