Archive for 10 月 1st, 2009

注目される“Twitter(ツイッター)”国内でのビジネス活用事例とポイント~「つぶやき」から派生するウェブコミュニケーションのいま~

10 月 01, 2009 By: okaze Category: スキルアップ, ビジネス
2 Comments →

オンラインビジネスセミナーに参加。

注目される“Twitter(ツイッター)”国内でのビジネス活用事例とポイント
~「つぶやき」から派生するウェブコミュニケーションのいま~


会場はアカデミーヒルズのオーディトリアム。

話し手は株式会社CGMマーケティングの佐々木智也さん。

デジタルガレージの戦略の一環で

twitterに関わっている方です。

モデレーターはニューズツーユーの神原さん。


個人的には、やはり2年前?最初にtwitterが出てきた際に

一応、触れるには触れていました。

しかし・・・

面白みやメリットが全く、というか一切感じられず、

印象としては「一行掲示板的なもの?」「チャットルーム風ブログ?」

といったものでした。

パラパラと素人の発言があるだけで、だからなんだ、と。

正直、今もメリットを十二分に感じているわけではありません。

一定の有名人のリアルタイム発言は面白いな、とは感じますが、

じゃあ自分とそれが何かつながるのか?というと、まだなかなか・・・という感じです。

というか、開くとほとんどが勝間さんの発言で埋まってるし(苦笑

オバマが大統領選で使ったという事例は面白いですし、

そういった体験を繰り返せば、本当に肌で感じられるでしょうね。


セミナーは、デジタルガレージが投資した話などから。

ちなみにtwitterはサーバーも会社もアメリカ側にあるようです。

従業員60人程度でまわしているらしい。

ネット企業は少人数でまわせるので、そういう所は多いです。

それにしても、もっと雇えるでしょうに・・・(笑

企業価値は1700億円ほどある、と言われているわけですしね。

それにしても、これは既にyoutubeの買収額よりやや高いくらいですね。

それだけの影響力を既に有しているという事です。



また、バナー広告販売は日本だけでの試みの模様。

まだまだ彼らも試行錯誤しているのです。

ブログサービスなどと同じですが、

こういう無ジャンル、全方位のサービスをマネタイズするのは本当に大変です。

でも「リアルタイム」という独自の切り口は確かに強い。

現状はまだ利用者数を伸ばすのが先でしょうけど、

今後はまだ見たことがないような、

面白い広告の展開が生まれるんじゃないかと思います。



そういえば最近急激にユーザーが伸びたのは

やはりあの「WBS」で取り上げられた時らしい。

(あ、ワールドビジネスサテライトのことです。)

WBSは、感度の高いビジネスパーソンはみんなおさえてますよね。

個人的には日経新聞なんかより、よっぽど話題のネタになってます。

(ここずっと録画して翌朝見る流れになっていて、結局100%視聴してます。)


それにしても、いいなー。

やっぱり

「WBSで特集される」のと「R25で特集される」のは、

サービス運営者としては夢ですよね(笑

効果も凄すぎますし。



お話の後半では事例を交えて。

デルはtwitter経由で3億円売り上げたとか・・・。

日本でもそういう事例が出てくれば、一気に加速すると思います。

現時点では、そこまで使いこなせる人の数が多くないですが、

新しい世界が、もうそこまで来ているのでしょうね。



対談では神原さんから

「Twitterは不安定じゃないですか?」

という鋭い質問が出て、おお!(笑)と思いました(笑

負荷についてはチラっと聞いた事がある程度でしたが、

やはりアレだけのサイト。

攻撃を受けたり、瞬間的な負荷が上がる事が多々あるのでしょうね。

今はかなり強化されたそうです。


質疑では、なかなか興味深いお話を伺えました。

会場からも今後の企業の対応、スタンス、身内に伝える方法など

面白いお話がいくつか。

私はモバイルでの展開、PCとモバイルの利用比率を質問。

実は、ちゃんとしたモバイルサイトが無くて

秋に公開という記事は、多分8月に見てた気がします。

でも個人的な印象では、

iPhone使いはみんなガシガシやっていて・・・(笑

やはりリアルタイムが売りだし、

既にモバイルが相当凄いのかな・・・と。

実際には、ちゃんとしたモバイル版が無い状況でも

4割はモバイルとの事でした。

本当に親和性が高いなーと強く感じますね。

今後は6、7割とモバイル率が上がっていくと思います。



また、ブロガーのいしたにさんのお話もあり、

(twitterの本を出されるらしい。)

なかなか実感として伝わってこない米国での利用状況の雰囲気がわかりました。

もう本当にそこらの普通の飲食店、ショップがIDを持っていて

食べた感想を書いたら後日返信が来るような世界になっているそうです。

うーむ。

すぐにそうはならないでしょうが・・・

日本人こそ、そういう「湿度のある」コミュニケーション向きなので、

ひょっとしたら凄い利用率になるんじゃないか・・・と感じました。

例えば携帯電話だって、ちょっと昔には存在すらしていませんでしたからね。

でも今は普通です。

そういった「新しい」存在になるんでしょうか。



まだまだ発展途上、問題を内包しながらも

新しいジャンルを切り開き、急成長を始めたtwitter。

今後の流れに注目です。というか

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

映画「サマーウォーズ」

10 月 01, 2009 By: okaze Category: アニメ
Comments Off

午後に突発的に映画が観たくなり

隙間時間に映画館。

時間が合う手元リスト内の映画としては、

駄目映画と名高い?松本人志の「しんぼる」



面白いと評判のアニメ「サマーウォーズ」

という事で

サマーウォーズ(笑

http://s-wars.jp/index.html

午後なので、客は10人くらい?

で。

・・・面白かったです!

まぁこれもまた・・・ネット廃人とかゲーマーとか

そういう要素がある人じゃないとキツイような気もしますが。。

基本的に私は

「現実とバーチャルの2重構造が絡む話」



「ロードムービー」

に弱く(笑

これは前者気味なのでありました。

結論としては

おばあちゃんカッコよい。

という感じでしょうか。

マッドハウスの作画も安心。

(しかしロール観てたら、やっぱり色づけはみんな韓国なのね・・・)



それにしても

あれだけボコボコに叩かれていると

松本人志の「しんぼる」が気になります。

駄目映画を笑い話として本気でこき下ろすためには

時間の投資が必要ですよね(笑

セリフ棒読みだった実写版デビルマンもちゃんと観にいったし・・・。

松本映画は

前作「大日本人」で感じたのは

背伸びというか・・・。

素人風味の緊張を画面から発してしまっているとか・・・

そんな感じでしたが、どうなったことやら。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

ベルセルク34巻とヤングアニマル付録の特別表紙×2

10 月 01, 2009 By: okaze Category: マンガ
Comments Off

もう20年・・・。

月刊アニマルハウスの時代から

惰性で読んでるベルセルク(笑

34巻が出たのですが、

発売中の連載誌ヤングアニマルに

この34巻向けカバーが2枚ついてました。



いや、2枚つけられても・・・(^^;

というか

実はこれまでのベルセルクはブックオフに出してしまいました。

なんかいつでもどこでも読めるような気がして・・・。

なかなか、何度も読み返す漫画ではないし、

永久的に手元に置きたい漫画なのか?

と言われると、自分にはそうではなかったのです。

でも最新刊が出ると買うというこの矛盾。

実はそういうシリーズがいくつかあります。

やはり途中でデロデロのストーリーにし過ぎたために

絵はハイクオリティなのにそこまでは一般化せず。

(まぁタツノコプロのKARASほど唐突で酷くはないけど。。)

黄金時代からファンタジー直行が難しいとしても

暗いストーリーにも限度があるのでありました。

で、話を戻すと

雑誌に表紙の付録がついていたので

それを試しにコミックにつけてみました、

というだけなんです、すいません(笑

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク