Archive for 1 月 11th, 2010

【本】ブラック企業の闇―それでもあなたは働きますか? (晋遊舎ブラック新書 8)

1 月 11, 2010 By: isetoru Category:
Comments Off

ブラック企業の闇―それでもあなたは働きますか? (晋遊舎ブラック新書 8)
ブラック企業の闇―それでもあなたは働きますか? (晋遊舎ブラック新書 8)


まぁ内容は思ったより薄いのですが・・・

(恐らく取材源が少なくて、一人の話プラスどっかで調べた内容を中心に、
ひとつの企業の話が進んでいると思われる)

そういう世界もあるよ、というには良い本なのかも(笑



自分も昔このブラック企業偏差値ランキングの

最上位の企業に短期間いたことがありました。

自分は当時からベンチャー好きで、そういうところばっかりまわってたのですね。



確かに激しい研修もあって、激しい会社でした。

でも・・・実は個人的にはそんなに嫌いじゃなかった(笑

結構全方位的にかわいがって頂いていたし、

自分の上司や職場自体は凄く良かったので、

ホント申し訳なかったとも思ってます。

ただ、何しろ圧倒的に体力が必要なのは間違いなく、

それは自分に欠けてましたね。

(毎朝7時半から研修して終電に飛び乗ったり、

の繰り返しみたいなのは、やはり自分には物理的に無理だったかな。)

まぁしかも残念ながら

当時の自分は能力もゼロみたいなもので、

(タイピングが異様に速いからと技術系管理職になったけど(笑))

給料をあれだけくれていた、というのはリアルで感謝したいところです(^^;

方法論はともかく、我々にかなり投資して育てようとしていたのも

事実ではありました。。

ちなみに、こういう企業は

技術や経理などで特殊能力を持ってる人が入れば

結構自分のポジションで楽にやれるものに見えました。

激しい会社になればなるほど、

ほとんどの人は自分の目の前の仕事でいっぱいいっぱいなので

例えば技術系の職場で何か他のことやってても、

正常に回ってれば誰にも何もわからないし、何か言う気力もないでしょう。

調べてます、と言いつつネットサーフィンしてても

通常業務をきちんとまわしてれば誰も何も言わなそう。

まぁわかりませんが(笑


しょせんブラックといっても

基本的には過労死以外、本当に殺されたりするわけではないので・・・(^^;

稼げそうなら適当に頑張って稼いでしまえば良いし、

無理そうであれば辞めていくのが本来普通だし、

ほとんどの人はそうしてるでしょう。



ただ、仮に物凄く真面目な人がブラックな企業に入ると・・・

まずいだろうと思います。

ちょっとやんちゃで?体力のある人だったら

ぶっちゃけどこでも普通に働けるんような気はしますが。



本のレビューではないような気もする(笑

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

ショパン生誕200年

1 月 11, 2010 By: isetoru Category: 日記
Comments Off

今年はショパン生誕200年にして

ショパンコンクールが開催される年。

(ショパン1810~1849(他説あり))

という事で、催し物目白押し。

個人的にはショパンコンクールの予選でも何でも良いから

実際に観にいって体感したい、という野望があります。

その野望を抱いたのは2005年。

そう、前回のショパンコンクール開催年(^^;

そして2010年は節目でありつつ、

次回になると2015年になってしまうのです。


ショパンコンクールじゃないけど、今年は下記のような催し物もあるらしい。

http://www.music-his.com/modules/content01/por_chopin11days.html#ctop

連日ショパンの有名ピアニストがコンサート。

(まぁ日本にいてもどこかで聴けなくもない人も多いですが)

秋のショパンコンクールを本番と考えて参考に見てるのですが

HISは異様に安いな・・(苦笑

よく知ってる地域でもない限り、この価格帯だとホテルとか不安だなー。

そうでもないのかな?(笑

まぁ何より、ツアーに強引に参加して手持ち無沙汰というのは怖いなー。

目的が達せられればなんでも良いんだけど。

ショパンコンクールチケット込みで

チョイスした強制スケジュールで隙間を簡単に埋められるもの。

を探していきますか。

コミュあたりで行きたい人とかいるのかなー?

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

川べりの夕焼け@1月10日(日)

1 月 11, 2010 By: isetoru Category: 日記
Comments Off



通りすがりの

江戸川横の土手で夕焼けを1枚。

京成線の陸橋です。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

山下洋輔×ブーニン 東京オペラシティニューイヤージャズコンサート2010@東京オペラシティ

1 月 11, 2010 By: isetoru Category: 音楽
Comments Off



久々の東京オペラシティ。

山下洋輔とブーニン!という謎の組み合わせでのコンサート(笑

山下洋輔は、ハチャメチャ系?のフリージャズピアニスト。

ブーニンはショパンコンクール優勝者、クラシックど真ん中です。

そのブーニンにジャズをやらせてしまおうという

いいのか悪いのかよくわかんない試み(笑


席は2Fバルコニー。

うーん、いまいち(苦笑

通路が狭すぎるし、なんか落ちそう。

実際パンフレットを空中にブチマケた老夫婦がいました(苦笑

落ち着く、見やすいとはとても言いがたい。

オペラシティを良いホールという人がいるけど、どうなんだろうなぁ・・・。

あの天井高といい、シューボックス型だし、個人的にはそんなに薦められないかな。


第1部はブーニン。

OPがドビュッシーの「喜びの島」

あとはプーランクの「3つの小品」

そしてバッハ「主よ人の望みの喜びよ」

選曲の流れが不明(笑


第2部は山下洋輔。

バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番・プレリュード」をジャズアレンジ。

あとフリージャズオンリーっぽい「仙波山」。


で、割と普通?な流れのままハーフタイム。

出入りしにくい・・・。


で、後半。

向き合って置かれた2台のロングピアノ。

いよいよ2人の競演です。

ブーニンが割りと普通に演奏し、

そこに山下洋輔がフリージャズで絡んでいく。

のが中心ではありましたが、

途中でブーニンもジャズマンになりました(笑

おおお(笑

曲は下記。

・バッハ「チェンバロ協奏曲4番第1楽章

・山下洋輔「エコーオブグレイ」

・山下洋輔「キアズマ」

・ドビュッシー「ピアノのために」(プレリュード サラバンド トッカータ)

ドビュッシーが良かった。

個人的に好きな曲というのもありますが、

なんか面白いことになってました。

完璧とは言いがたいのでしょうが、

今日この場でしかない2人の対決的な音楽は、非常に興味深かったです。


アンコールはドビュッシーの「夢」アレンジ。

いいですねー。


その後はちょっと観客の悪乗りが酷くて

6回もカーテンコールさせてました(苦笑

あほかと。

ブーニンはもう絶対弾かない!って感じで

壁際に立ってるわけですよ。

で、山下氏はサービス精神満点だから1曲やってくれたけど。

その後も3回くらい出てきて挨拶させて

勝手に興奮した観客が、一体何をしたいのか意味不明。

ブーニンに「ほら、アンコール弾けよ!」

という空気が感じられて、正直吐き気がしました。

弾かなかったブーニンは大人だし、逆に凄いと思います。

本番はあくまでステージがメインで

アンコールは本来はおまけのはず。

1曲、巨匠2人が弾いてくれたんだから、

カーテンコール3回目くらいで区切るべき。

(まぁ山下さんはやる気満々だったのかも知れないけど。。

手を振って退場してくれれば良いのです(笑

ごめんね、ブーニン。

(中村紘子さんのように5曲くらいアンコール弾く人は別(笑


階段にある

宮島達夫の点滅する数字アートを踏みながら帰路。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

東京ミッドタウンのスケートリンク。

1 月 11, 2010 By: isetoru Category: 日記
Comments Off



今、東京ミッドタウンの庭(クサヌギの丘方面?)に

スケートリンクがあります。

多分、氷じゃなくて樹脂の上にコーティングしたやつだと思います。

遠めにチラっと見ただけですが

狭そうなリンクを大量の人がグルグルしてました(笑

転んだらひき潰されそう・・・。



久々に鳥三和で親子丼ランチ。

たまに親子丼って食べたくなるような。

今度、人形町「玉ひで」にチャレンジしたいです。



_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

← 前へ