Archive for 4 月 15th, 2010

~ミサコ・ロックス!が体現するアメリカン・ドリーム~米国発、オンリーワンの日本人漫画家が切り開くティーンコミック市場@アカデミーヒルズ

4 月 15, 2010 By: isetoru Category: スキルアップ, ビジネス, マンガ
Comments Off



~ミサコ・ロックス!が体現するアメリカン・ドリーム~

米国発、オンリーワンの日本人漫画家が切り開くティーンコミック市場

@アカデミーヒルズに参加。

http://www.academyhills.com/school/detail/tqe2it00000bfrvr.html


アメリカで、

アメリカの人、アメリカを舞台にした日本風の漫画

(実際にはグラフィックノベル)を描いている

Misako Rocks!こと高嶋美沙子さんが話し手。

彼女のコミックは全米の図書館に必ず置いてあるらしい。


いつも通り開場前後に到着。

受付の横の漫画を手にとって、横にいた本人とお話。

ざっくばらんな感じの方です。

とりあえず「名探偵ジャメイン」(適当訳。多分OK)を1冊ゲット。


http://www.yomitime.com/who/97_misako.html


ふむう。

なるほど。

とパラパラするも、

youtubeの英語コメントと同程度の理解度(笑

読むだけなら、大体(何とか)わかるかな?



開始直前にトイレからズバっと出ようとしたら

反対から出てきたミサコさんにぶつかりそうになる。

ので、そのままちょろっとお話したり・・・。

普段は完全にNY暮らしらしい。

そして開始。


アメリカのコミックや本屋の状況などから。

なんとアメリカは大手の書店が2つあるだけ!らしい。

そして・・・コミックは割と変則的に分かれているようです。


1.アメリカンコミックス・・・いわゆるアメコミ。スーパーマン、バッドマンなど。

2.グラフィック・ノベル・・・ドラマティック、ブラックジョーク。
(彼女が描いてるのはこれ。日本の漫画と小説の間のような感じ。
日本の漫画だと・・・わたせせいぞうさんとか近くないのかな?(笑

3.キッズコミック・・・100ページも無い猫型ロボ。じゃなくて薄型コミック。

4.漫画・・・日本から輸入したもの、外国人が作ったオリジナル漫画。

5.ウェブコミック・・・オンラインコミック、無料が多い。

6.ジーンズ・・・自主出版的なもの。要は同人誌?


という事で意外と厳密に区分けされ、

意外と厳密に場所なんかも分けられてる模様。

いずれにせよコミックとは基本キッズ向けで、

性描写や暴力、宗教、戦争など「全て」タブー。

おそロシア。

アレだけゲームやハリウッド映画で滅茶苦茶やってるくせに、

コミックはコンサバなのですね。

まーしかし、上記外したら日本の漫画8割がたダメかと(笑

家族愛もの、ピュアな恋愛もの(ケータイ小説風味は完全アウト)

といった方向に絞られそう。。

それはそれでいくらでも面白い話は作れるのでしょうけど、

毎日必ず何かの漫画を読んでおり、

何もかも漫画化される日本にいる人間としては寂しいものもあったり。



そして何よりも

コミックを出すのは本当に大変みたいです。

1冊出すのに1年はかかってしまうような流れ・仕組みになってるようで・・・。

編集者というものもいません。

プロモーションも全部作家が自分でやるそうです。

何という世界(笑

バクマンのような世界は展開されないのです。

あくまで腕利きのエージェントがいて、その人の采配で色々起こる的な。



彼女の生い立ちから、どうして今のようになったのか。

といった熱い話もありました。

法政でアメリカに留学して、

戻ってまたアメリカに行き、

人形師やアートの教師をされてたらしい。

その後は離婚、挿絵などを経てグラフィックノベルアーティストに。

かなりアメリカ風な性格で、

多分そこに住むべきタイプの人なんだろうと思います。

日本だとやりにくいんじゃないかなぁ。


しかし漫画の感覚を得るために、実際の学校に授業参観したり

研究を続けておられるらしい。

確かに、その国には独特の「肌感覚」って必ずあると思うんですよね。

文化・人間関係の底に流れる共通意識というか。

そういったものを汲み取るのって絶対必要なことだと思います。

今はもう彼女のファンはどこにでもいるそうです。

素晴らしいですね。


セミナーの途中でお絵かきの実演が。

1コマ目は小さく絞って前フリをして、

2コマ目で大きくその理由、状況を提示すると興味を引く。

という事例を描いてくれました。

描かれた絵はスタッフが美味しくいただきました。

じゃなくて私がいただきました、ありがとうございます(笑



こんな性格の人間じゃなかった気もするけど、

名刺交換で並んでる人たちの列でいきなりクレクレ君になりました。

すいませんです。

「ください」

「どうぞどうぞ」

「はい」

以上。


質疑応答も非常に濃かった・・・。

面白いので聞いてました。



終了後、名刺交換してサインをいただき、

絵を必死でホワイトボードの用紙束から切り取り(笑


その後はたまたまお隣に座っていたラノベの作家さんとお話。

更に業界裏方プロの方も交えて3人で立ち話&カフェでお話。

深い、濃いお話が出来ました。

異業種交流って言うけど、

自然に熱く交流して異業種だったら凄い楽しくて勉強になった、

というのが本当の意味でのそれ。

久々にそういう感じでした。


_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク