Archive for 3 月, 2011

【マンガ】SP 4 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

3 月 31, 2011 By: isetoru Category: マンガ
Comments Off

SP 4 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)SP 4 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
金城 一紀 灰原 薬

小学館 2011-03-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

SPのコミカライズ版4巻。

要人を守る中での矛盾。

そして

うごめく?上層部。

割とオオゴトな感じ。


_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

倉俣史朗とエットレソットサス展@デザインサイト21_21

3 月 30, 2011 By: isetoru Category: アート
Comments Off



デザインサイト21_21で

倉俣史朗とエットレソットサス展。

インテリアデザイナーと建築家、

二人のアートの競演です。

倉俣史朗の家具がズラっと。

ふーん的なものから

おお!的なものまで(どんなだw

エットレソットサスは

精霊の人形がたくさん並んでましたが

どっちかというとカワイイ系。

「カチナ」というシリーズです。

割と日本人にはなじみやすい価値観だと思います。

どんなものにも魂が宿ってます的な。

余り派手じゃない展示ですが、

興味深いものはありました。

映像はチラっと観ましたが、

なかなか進まなそうだったので割愛。

(そういう所は気が短いんだよなぁと反省しつつも、
映像も観るときはちゃんと観てるよねということで。)

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

夢に挑むコレクションの軌跡@サントリー美術館

3 月 30, 2011 By: isetoru Category: アート
Comments Off

サントリー美術館へ。

開館50周年記念!展示です。



チケットを買ったら、

今後使える招待券を更にくれました!(^^v

お得だ~。

今回はコレクションの全体的蔵出しといった感じで、

漆から薩摩切子、さらにはガレのランプまで

超幅広く展示。

琳派展示の流れもやはりここにチラっと出ていて

やたら綺麗な俵屋宗達の掛け軸なども。

(なんだか、たいてい俵屋宗達の掛け軸って保存状態悪くないですか?w)

能衣装もチラっとありました。

一つのジャンルを深堀りした展示ももちろん良いのですが、

こういうのも全方位に楽しめて、

結構お得な展示なんじゃないでしょうか。

(もちろん作品の質と量次第ですが(笑


まぁサッカー風に言うと

「もってる」(所蔵品的な意味で

という事ですねw

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

アーティストファイル2011@国立新美術館

3 月 30, 2011 By: isetoru Category: アート
Comments Off

2Fへ。

廊下には誰もいない。。



アンデパンダン展もやってましたが、

時間の都合で割愛。

気にはなりましたけどね。。


とりあえずアーティストファイル2011を観ます。

現代作家数名の大型展示。

だいたいこういうものは正直うーんなものももちろん多いわけですが、

一人良いなと感じる作家がいたら儲け物、くらいで見てます。

キモイだけの作家もいますしね。。

どう評価されてるかなんてそもそも知らないし、

背景を説明されないと感じられない作品は私は割とどうでも良いタイプ。

という事で直感も頼りに巨大展示を見て回ります。

ふーんと思ったり、おお、と思ったり。

ずっと見てて思うのは、

作家が誰か観なくても

気づくと日本人作家の作品の方がしっくり来ているような全体感。

何かあるのかなぁ。。


中井川由季の作品が気になりました。

陶器だからってわけじゃないけど、

ナンでだろう。

なんだか気になります。


外に出て

ミッドタウンに向かう途中の「ブラタモリスポット」もw



国立新美術館とミッドタウンの間の道は

同じ方向にまっすぐに平行な道が2本延びてます。

ミッドタウンに向かって左の道が、軍隊用に作った新しい道。

(ミッドタウンは軍隊跡地、最後も防衛庁跡地ですからね。)

右の道は江戸のもともとの道。

で、

中央分離帯を挟んで段差があります。

江戸の道は戦車が通れなかったんでしょうね。

真っ直ぐで広い道を敷いたという事です。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

シュールレアリスム展@国立新美術館

3 月 30, 2011 By: isetoru Category: アート
Comments Off



乃木坂から直通通路を経て国立新美術館へ。

カフェはやってるけど、

レストランは閉まってます。

閑散というほどじゃないけど、

この美術館としては閑散に入るでしょうね。

人は少なめ。

で。

現在の展覧会はシュールレアリスム。

ダダイズムの説明から入って

色んな作家の作品が並びます。

アンドレマッソン、

マックス・エルンスト、

マン・レイ、

ダリ、

ルネ・マグリット。。


ダリやルネ・マグリットは

全く知らない作品でも

凄く遠くから見ても

ひと目でその人の作品だろうとわかります。

そういう「他者との圧倒的な違い」が本当のアートなのかもなぁ・・・

などと思ったりも。


シュールったって

怪しげな現代アートが跋扈する?今日この頃においては

別にそんなに激しいと感じるわけじゃありませんし、

実際そんなに激しくなく感じます。

でも当時では革命的だったのは間違いないし、

もちろん今でも素敵な作品群です。


ジャコメッティの彫刻も良かったな。

なんだかジャコメッティは好きな気がする。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

← 前へ