葉加瀬太郎ライブ@オーチャードホール

11 月 21, 2010 By: isetoru Category: 音楽
Comments Off



オーチャードホールで葉加瀬太郎ライブ。

今年のツアーで2回目の参戦です。

席に行ったらビックリ!

9月のNYツアーで一緒だった方が夫婦で隣に来られてました。

さらに前方にも一人。

うーむ、世の中の狭さというか(苦笑

しかも今回、

余りよい席じゃないんです。

良い席から離されたんですか?(苦笑

2F席でみんな固まっているなんて・・・。


1曲目から、そういやこんな流れだった!

と忘れていて、自分の忘れる能力に感謝です(苦笑

新曲中心に、

合間に面白いコーナーをいくつかちりばめつつ進行。

オーチャードというスペルから曲を作るシューマンコーナーは

結構と言うか、普通にアルバム収録できそうな曲になってました(笑

ヴァイオリン講座も羨ましかったなー。

2Fは無理だし(苦笑

後半も含めて2時間半以上、思ったより長いですね!

曲数はそんなでもないと思ったのに・・・。

多分コーナーが結構時間取ってるんだろうなぁ。

でも面白いし、もちろん大満足です♪


ささっと出て

「はかせんべい」(5枚組800円、高っ!)をゲットして立ち去り。



NHKホールは行かないけど、

もっと近くで、狭いところで聴きたいなー。。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

2009年宇宙の旅・久石譲×平原綾香@オーチャードホール

12 月 03, 2009 By: isetoru Category: 音楽
Comments Off



いやー

「超」

贅沢な思いをしてきました・・・


オーチャードホール2列目。

自分の3m先で

平原綾香が

久石譲指揮のフルオケをバックにジュピターを歌う。

いやー俺こんな贅沢して良いのかな・・・と思ったり(笑

自宅のリビング的距離ですよ、リアルで。。



実は今回のチケット。

FCから郵送されたらしいのですが、

不在票が無くてFCに戻ってしまいました。。

で。

当日関係者枠受け取りになって、受け取ったら2列目。

来年正月のやつはサントリーホール10列目。

なかなかじゃないかね、フフフ・・・と言いつつ中へ。

それにしても相変わらず30分前開場で凄い行列・・・。

これだけは何とかしてほしいんですが・・・。

1500人を4列に分けて、1列5秒で入場しても32分かかるんですけど・・・?

運営さーん(笑

入り口にあるクリスマスツリーをみんなパシャパシャやってました。

で。

今回のコンサート。

実は内容がよくわかってませんでした(またか

平原さんが参加して、ホルストをやるらしい・・程度。

普通だーと思いつつ来たんですが、すいませんでした・・・。



前半は東京シティフィルをバックに、

平原さんが歌を6、7曲披露。

いやー超目の前だ・・・。

目の前にもほどがあるくらい目の前だ・・・。

自分の運はまだまだ無尽蔵のようで、良かったです(笑

平原さんは結構ぷにぷにして、カワイイです(すいません(^^;

そして

何よりやはりその声!

独特ですよね。

音域の広さも実はかなりのもので、

凄い低い声が出ます。

これが普通は出せないと思う。

びっくりするくらい低音が低いです。

いやー上手い。。


で、ハーフタイムを経て後半へ。

後半は

久石さん指揮でホルストの「惑星」を全曲演奏!という企画。

最初に久石さんが一人だけ出てきて、惑星の解説。

結構長く講座をしていただきました。

3mくらいの距離で久石さんの話を聞けるのは幸せだー。

実はホルストの惑星は楽器や合唱が少しずつズレて入っていて

連続で演奏されることは余り無いらしいです。

なるほど。

一応、ホルストの惑星はCD持ってます。

高校生の頃に、秋葉の500円ワゴンで買った(笑

多分、指揮はカラヤン。

で。

なんとホルスト協会系の人が2000年に「冥王星」の曲を追加していたのですね(笑

コリンマシューズ作曲「冥王星~再生するもの」を含めて8曲でした。

いやーそんなことになっていたのか・・・。

そして演奏開始。

1.火星~戦争をもたらす者

2.金星~平和をもたらす者

3.水星~翼のある使者

4.木星~快楽をもたらす者

5.土星~老いをもたらす者

6.天王星~魔術師

7.海王星~神秘主義者

8.冥王星~再生する者(新曲byコリン・マシューズ)


初っ端の火星、大好きです!

自分がもしプロレスラーだったら、絶対入場曲はコレ。

CCBなんて使いません!(ぉ



やっぱこう、あの盛り上がった瞬間に花火がパーンっとね(何を言ってるのだ私は・・・


そんな話はおいておいて。

ホルストの惑星。

当然一つの作品演奏なので、合間の拍手なし。

60分近く沈黙の中、ひたすらホルストの惑星が演奏されます。

曲の合間にみんな必死に体制を整え、咳をしてました(笑


いやーやはりホルストの惑星って

ハリウッド映画とかへの影響バリバリですよね(笑

宇宙系といえば、やはりこれらの曲の断片を使いたくなるのはわかるー。

そして

8曲目の新曲「冥王星~再生する者」ですが、

うーん

ホルストっぽいけど

現代音楽ですよね。

なんかランダムで入り込めない印象が・・・。

久石さんが言っていたなんとなく自分と距離感がある、というのとは

また違う素人的な意味かも知れませんが・・・。



そしてラストは

アンコールで平原さんのジュピターを、この豪華なバック、久石さんの指揮で!!

いやー!!

素晴らしい。

今度は久石さんのピアノと2人で

「いのちの名前」なんかも聴きたいな~。



帰りはスカスカの半蔵門線で

錦糸町からも、割とスカスカの快速津田沼行きで。

楽々帰宅なのでした。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

葉加瀬太郎コンサートツアー2009@東急文化村オーチャードホール

11 月 13, 2009 By: isetoru Category: 音楽
Comments Off

地下でロートレックコネクションを鑑賞後は、

上のフロアに上がって

オーチャードホールで葉加瀬太郎!です。



先月は厚木に行きましたが、9列目でした・・・。
(地方の公演の方が前に行けると思ったのですが。)

でもオーチャードで6列!なので結果オーライ(笑

早めに入ったので

ビュッフェでサンドイッチとオレンジジュースを



もぐもぐしながら、ガラス張りの下の人ごみを眺めてみたり。


同じ公演2度目なので余り詳しくは書きませんが、

前半はライブイマージュ風。

後半はオリジナル曲で。

ワイルドスタリオンズが前より更にワイルドになってました(笑

(ラストの方は「ミスったのかな!?」というくらいランダムな流れに
なっていた印象です。でも熱かった!)

情熱大陸で踊って、

喜太郎のシルクロードでマッタリして、終了。

で。

で。

今回はCDを買って、握手会に参加しました。



最近、21時過ぎから並んで凄い遅くなるので、余り参加してなかったのですね。

今回は終わりが早く、しかも前方に並べたのでそのまま参加しました。

(多分3、400人並んでいたんじゃないかなぁ。。自分は2、30番目だったので。)

よくもまぁ前方6列目からズバっとそこに滑り込めたものです。

握手はあっさり、

「ありがとうございました!」

「こちらこそ!ありがとう!」

以上!

クロークで荷物を受け取って

109から半蔵門線に滑り込んで

(スクランブル交差点を渡ったら負けかなと思っている)

握手の1時間後には部屋でマッタリでした、とさ。


あーロンドン公演いきたいなー。。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

東儀秀樹ツアー2009feat古澤厳@オーチャードホール

9 月 06, 2009 By: isetoru Category: スキルアップ, 音楽
Comments Off



オーチャードホールで

初めて東儀秀樹。

なぜか

ゲストが古澤巌氏のヴァイオリン。

最初はドカドカドムドムというドラムと共に

なんかうるさい曲が・・・。

うーん、ちょっと嫌な予感。。

ドラム要らないよ(苦笑

これじゃ

篳篥がただ「SAX」みたいな位置づけになってるだけじゃん。

ドラムが無駄にうるさい。

ちょっと不安を感じつつも

古澤さんが出てきて不安払拭。

そこからは割と落ち着いて

篳篥とヴァイオリンでのスカボローフェアとか

意外に、いや凄く良かった。。

トークも満載。

二人はどうやら10年以上前からの友達で

定期的なインストルメンタル系コンサートで競演していたらしい。

でもツアーに来てもらうのは初めてらしく。



そういや

古澤さんが

「いつもモンティのチャルダッシュばかりやって・・・と言われてしまいまして」

みたいな(笑



やった曲が

「悲しみのチャルダッシュ」なのですが・・・。

「チャルダッシュの真似した曲を作って見ました」(笑

とのことですが、ホントそのまま適当にアレンジした風味の曲だ(笑

素晴らしい音ながら、プププと思う点も無くも無し。



そんな感じで

初の東儀秀樹コンサートでしたが

今度は伝統的な系統の方に行ってみるかな。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」@オーチャードホール

8 月 13, 2009 By: isetoru Category: アート, 音楽
Comments Off

オーチャードホールで

ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」を鑑賞。



http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/shosai_09_chorusline.html

英語で左右に日本語字幕。

日本で本場のミュージカル、しかも字幕つきで見るのって

実は凄く贅沢で、しかもわかりやすくて良いのでした(笑



席は6列目ですが、実は1列目。

そういやウェストサイドストーリーも

5列目まではオーケストラピットだったなぁ。



内容としてはいまさらですが、

ブロードウェイでミュージカルのダンサー募集していて、

オーディションを通じた募集者、監督たちの人間模様。

みたいな感じ。

確かにこういう「裏話」って面白いしリアルだよねぇと妙に感心したりして。


ちなみに「コーラスライン」という言葉自体の意味は下記の模様。(from wikipedia)

稽古で舞台上に引かれるラインのこと。コーラスつまり役名のないキャスト達が、ダンス等でこれより前に出ないようにと引かれる。メインキャストとコーラスを隔てる象徴ともなっている。


成功を目指し、全てをかけて生きているダンサーたち。

当然、成功しなければ生活は厳しいものです。

しかも一時的に舞台に出られても舞台が終われば基本はクビ。

どこかで出世のスパイラルに乗らない限りはこの繰り返しです。

いやーキツイですねー。

一番キツイのはオリンピックの世界だと思いますが

(世界で一人しかそのジャンルで金メダルは取れない)

芝居にダンス、芸能も

スポットに当たるのも難しく、

当たり続けるのはもっと難しい。

しかも人生に対して何の保障もない。

まさに一点突破を目指して全てをかけるしかない。

その辺りをリアルに感じさせるから、

このミュージカルも息が長いのかも知れませんね。


カーテンコールはありませんでした(笑

OSケンヤトークショーだかがあるのだとか無いのだとか・・

これの直後にそれはないだろう。

私はすぐ帰宅(笑

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

← 前へ