スタニスラフ・ブーニン@サントリーホール

11 月 10, 2008 By: isetoru Category: 音楽
Comments Off

サントリーホールへ。

ブーニンのコンサートです。

やはり一度聴いてみたいな、という事で。

最近日常に流され気味でしたが、

自分イベントは大切です(笑


適当にコンビニで買ったので2F席ですが、

さすがにサントリーホールなのでなかなかいい感じ。

そしてブーニン。

ショパンコンクール優勝者のコンサートは密かに初めて。

(ブーニンは1985年に19歳で優勝、今も42歳。)

この人のCDも昔本当によく聴いたものです。

余り枚数は無かったけど・・・(笑

という事でやはりショパンイメージ。

でも

スカルラッティの曲からスタート。

正直知りません。

そして

お。

バッハのイギリス組曲。

これは好きです。

曲調が速い(笑

やっぱり全然人によって違うなぁ。。



いやーやっぱり音が素晴らしい。

テクニックも凄い。

まぁ当然ではありますが、凄いものは凄いのです。

それに音がデカイ。

サントリーホールで生演奏すると、

よわーい人が結構いるのですが、

微塵もそんな様子なし。

音を外す様子もなし。

弱い音も、左手のメロディも音が立ってます。



そしてメンデルスゾーンやらなにやらやってハーフタイム。

時間が無かったので食事してから来られず、

コンビニのオニギリを流し込む(笑

サントリーホールに着飾って来てる人達ごめんね(笑

でもよく来る人ほど水筒出したりお弁当あけてそうな予感。。

お菓子プレートだけカウンターで購入。

ミニミニケーキ2粒400円也。

で。

後半はショパンから。

ノクターンやマズルカ、そして英雄ポロネーズ。

その瞬間だけまわりのおじさんが小刻みにヘッドバンギング。

気持ちはわかる(笑

ショパンのメロディは縦ノリなはずなのだっ(ホントか・・?w

で、

最後にドビュッシーゾーン。

でもこの辺になると疲れているのか

はたまた好みが激しく分かれる印象派だからか

聴き入ってるのか寝てるのか謎なまわりの人も。

「喜びの島」とか。

もうずっと聴いてない曲だ・・・。

ドビュッシーのCDでも発掘するかな。。


しつこく拍手アンコールを求める観客に

1曲披露してバイバイと手を振って去っていきました。

Wikiを今見ると、

曲解釈としてはちょっと異端派っぽいらしい。

でも私はどれも全然OKです。


ちなみにこれが当時のTV映像でしょうか。

しかし19歳の時から見た目のイメージが一貫してる人だなぁ(笑




↓これのCD版をエンドレスで聴いていた記憶アリ(笑
しかしこのビデオは肝心の前半を切りおって・・・。
55秒ごろ、2分45秒ごろに出てくる主メロがイカス!
華麗なのに骨太とはいかに。



_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

OP28-7◇ショパンのプレリュード7番

8 月 21, 2008 By: isetoru Category: 音楽
Comments Off

ピアノの練習、

久石譲の「HANA-BI」がほぼ完了。

基本的に暗譜しました。

まー半年やりましたからね・・・。

後はサビとヤマを上手く弾けるかだけだな、HAHAHA(苦笑


という事でネクスト曲チョイスを考えていた際に、

やはり最近の自分の流れ的にショパンだろうと。

でもショパンは私レベルには基本的にヘビーです。

子犬のワルツしかやったことないし・・・。


という事で「大田胃散」のCMでおなじみのあの曲、

4段しかない楽譜のプレリュード7番をやる事にしました。

ぱちぱち。


それでも弾ければショパンの曲一つですからねー。



_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

ル・ジュルナル・ド・ショパン~ショパンの音楽日記~

8 月 19, 2008 By: isetoru Category: 音楽
Comments Off

ル・ジュルナル・ド・ショパン~ショパンの音楽日記~

ショパンの生誕から没年までの全作品を通して演奏するという恐るべき試み。

会場は初台のオペラシティ。

ショパン好きとしてはいかねばなりますまい・・・。

とりあえず初日と最終日の通しチケットをファミマで買ってみました。

まだ意外と前の方かも。

初期に作った曲、

壮年から晩年の曲。

全曲集持ってますが、そういう紐付けで並べて意識した事は無いので楽しみです。



_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

【コンサート】中村紘子コンサート@江戸川区総合文化センター大ホール

7 月 13, 2008 By: isetoru Category: 音楽
Comments Off

中村紘子のコンサートへ。

場所は新小岩、江戸川区総合文化センターです。

仕事したり頭痛かったりで、開演5分前に到着。。


この方、実は私がまともに初期にCDを聴いたピアニストです。

英雄ポロネーズとかはこの人で初めて聴きました。

だからインパクト強い。


で、曲。

ハイドン:ピアノソナタ53番ホ短調

シューマン:クライスレリアーナOP.16

休憩

ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」全曲

といった感じ。

率直に言うならば、凄いんだけど選曲が・・・(汗

特に前半は子供がむずがるのも無理は無い曲展開な予感。

展覧会の絵はそれなりに展開がありますが・・・。

なるほど、こんな弾き方なのかぁ。。



そしてアンコールに来てガラッと変化。

ショパンづくし開始!(笑

別れのワルツや子犬のワルツ、果ては幻想即興曲まで!

1曲知らない曲、最後はブラームスのハンガリー舞曲1番をソロで!

(ハンガリー舞曲は本来は連弾曲。つまり2名。)

合計5曲のアンコールでした。

急激にメジャー曲にシフト。

そしてこのボリューム。

相変わらずサービス精神旺盛ですね♪

(以前地元で聴いた際もアンコールは4曲でした。)

ま、アンコール5曲入れても75分ほどの演(んがんぐ

しかし弱い音をどうしてこんなに正確に出せるのか・・・。

子犬のワルツなんて猛スピードなのに転がるような軽さです。



そして帰りにCDにサインもらいました~。わーい。


ちなみに中村さんの経歴は・・・

3歳で既にピアニストに師事。

全日本音楽コンクールの小学生部門、中学生部門と優勝しまくり、

慶応中3年の時に史上最年少で音楽コンクール優勝、

そのままNHK交響楽団のソリストに抜擢、

世界一周公演にデビューという恐ろしい肩書きの方です(汗

第7回ショパンコンクールでは入賞。

今は審査員です・・・。

・・・漫画か!(笑



_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

毛布つき「快眠コンサートDreams」

6 月 13, 2008 By: isetoru Category: 音楽
Comments Off

Dreams“快眠”コンサート@東京国際フォーラムCへ。

何となく「ライブイマージュ」の別版といった所です。

いや、なんとなくと言うかこちらも木下工務店プレゼンツ・・・。

(どんだけ儲かっているのだ、木下工務店。。)



この何よりコンサートの特長は「睡眠奨励」という事(笑

「快眠シート」の席を購入した人には、入り口で「枕、毛布、スリッパ」の入った

手提げが配られました。当然私も快眠シート(^^b

毛布とスリッパはことの他快適でした。

ただ、枕は膨らませるだけで苦しくなり、しかも首に装着したら更に苦しくなった(^^;

記憶曖昧でパンフも無いですが、うろ覚えで日記をば。

最初はバイオリンの古澤巌さんからスタート。

ショパンのノクターン、チャイコフスキーのピアノコンチェルト1番のヴァイオリン版など。

続けて手嶌葵。もう21歳!です(^^;;

アコースティックギターと2人、ゲド戦記「テルーの唄」から。

いやー、一度生で聴きたかったのですが、良い声してますね!!

他に映画「西の魔女が死んだ」のテーマソングなど。

オフィシャルサイトで少し聴けます。

ほとんどアカペラに近いです。澄んだ声で構成した静かな曲が多いので、

余り連続すると厳しそうですが、ヒーリングですねーホント。

そして元クライズラー&カンパニーの斉藤恒芳氏。

気付くとアニメ「電脳コイル」の曲もこの人だった模様・・・。

この人のあたりから「快眠」の枠から外れていったような気がします(笑

アランフェス協奏曲のアレンジあたりはまだ良いんですが、

007をミロンガ風にしました、とかどんどん脱線し、しまいには

「エマニエル夫人組曲」なるものを演奏(苦笑

なんじゃそりゃーーー。曲は有名かも知れんですが・・・(笑

ハーフタイム。

近くの席でずーっとビニール袋をクシャクシャやってた婆さんを注意する。

後半は「千の風になって」で有名な秋川雅史からスタート。

本人も言うとおり、「快眠」からどんどん離れていくーーー(笑

当然激しいです。そして最初の曲は・・・「地上の星」by中島みゆき!!!

やっぱり地上の星は良いなぁー。歌詞がしっかりしてるので、この曲も

息が長そうです。他のオールディーズ歌ったりして、お約束の「千の風になって」

なんか客席の各所で、この人の顔写真貼ったウチワが立ってるんですけど・・・。

そして鳥山雄司。ピアノはなんと榊原大氏ですか。

なんだか丸っきりライブイマージュがスライドしてきている予感も・・・。

「ソングオブライフ」(TBS世界遺産のテーマソング)など。

で、最後にまた古澤さんが出てきて何曲かやって終了。

モンティのチャルダッシュで寝られる人は居ません・・・。

まー結論から言えば「快眠」を目指したアーティストはほとんど居なかった

という事でよろしいか?(苦笑

凄くお得なコンサートだと思うので、ライブイマージュと同じ位置づけでまた

やって欲しいです。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

← 前へ
次へ →