2010年スマートフォン市場の展望を聞く!~モバイル広告ネットワークのアドモブ、John Lagerling氏が最新動向を解説~@アカデミーヒルズ

3 月 05, 2010 By: isetoru Category: スキルアップ, ビジネス
Comments Off

アカデミーヒルズへ。

今月のオンラインビジネスセミナーは

アドモブのジョン・ラーゲリン氏。

http://www.academyhills.com/school/detail/tqe2it00000b7zml.html

実は彼は以前このセミナーで講演してるのですが、

その際は「グーグルモバイル戦略アジア担当」でした(笑

アドモブの日本支社長さんになりましたが、

その後、アドモブはグーグルに買収されたわけで

これは偶然というよりも、彼が先端を渡り歩いてる証拠でしょうね。

(ちなみに彼は東大大学院卒で、日本語超ペラペラです。

デーブスペクターレベル(笑)

今回は広がりつつあるスマートフォンの現状・今後について。



アドモブは世界のiPhoneの大部分に広告を配信できる

モバイル広告ネットワークです。

ただ、それを買収したのはgoogle。

何とも世の中複雑にできています。



セミナーはまずラーゲリン氏の講演から。

スマートフォン市場の基本的なデータなど。

複雑多機能な携帯が「普通の携帯」になって

スマートフォンという「特殊な呼び名」自体が無くなる日も近いのかも。

来年には世界でPCの出荷数を抜くそうです。

そこまで急激に増えているとは感じていませんでした。

あのiPhoneも、あるところには大量にありますが、

まだまだ誰もが持ってる状況ではありませんし。

ただ、現状でも既に

広告配信可能なほどの広がりはあり、

しかもかなりのリッチコンテンツをマーケティングに使える状況のようです。

やはり機能はこれまでのノーマルな携帯の比ではありません。

アプリという存在がそれを更に強化しています。

広告事例をいくつか見ました。

スタバやスターウッドホテルなど。


また、日本のiPhoneユーザー層のデータですが

これが非常に興味深いですね。

まだまだコストが高いので、

年収が高い(平均600万)上に平均年齢も高い。

ぶっちゃけ、若い人は欲しくてもかなり本気じゃないと手が出ないでしょう。

(iPodタッチがあるのも事実)

ちなみに代表的なユーザー像は

■男性
平均年齢:42歳
職業:会社員
居住地:東京
年収:650万円
自由に使える金額:4.5万円

といったところらしい。
年収に比べて自由に使える金額が少ないような気がするが(苦笑
まぁどこかに吸収されているのでしょう。。

■女性
平均年齢:32歳
職業:会社員
居住地:東京
年収420万円
自由に使える金額:6.8万円

といったところらしい。
あれ、自由に使える金額が男性と比べ(ry

なるほど(笑

要は都心の会社役員・会社員の男女で

結構年収がある人たちがメイン、といったところ。

これだとマーケティングの用途は限られそうですが、

現状では感覚が鋭くてお金もある人たちなので

新しい、面白い試みを色々と試しても問題ない状況とも言えますね。

それにしても3分の広告動画は強いなぁと思いましたが(笑


広告自体の技術的なお話もありましたが

正直、自分がiPhoneを持っていないので

なかなか入り込めない部分も。

(常時オンラインなので、余りモバイルに力を入れにくいんですよねー。

でもそろそろやらないと、世界に置いていかれるかも・・・(汗

と思いつつあります。

今iPhoneで出来るようなことは

今後、全ての携帯で出来るようになる時代が来る、と。

そうでしょうね。

という事で

今から先行して慣れ親しみ、

先行してノウハウを蓄えた企業が勝つ。

そういう流れに既に入っているようです。



その後はモデレーターの神原さんとの対談で

既存のモバイルウェブの今後の方向性の話なども。

急には切り替わらないでしょうが、

iPhone版を用意しておくべきなんでしょうね、どの企業も。

質疑応答では

業界の人てんこ盛り。

かなり濃厚な質問が飛び交いました。

「日本のスマートフォンは、どうすればもっと面白くなりますか?」

という質問に

「私は昔8ビットの前からTVゲームが大好きで、

エキサイトバイクが出ただけで大興奮なわけですよ。

でも今のケータイは8ビットレベルだと思う。

まだまだ進化の余地があるはず。」←スウェーデンの人(笑



エキサイトバイクの例えが出た際に

シャキーン!となった私でした(^^;

私も「ケータイ」から「スマートフォン」に

時代を移していかねば。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

日本元気塾プレセミナー「巨大な生保業界に風穴をあけられるか」~ライフネット生命保険・岩瀬大輔氏が語る「志」~@アカデミーヒルズ

3 月 16, 2009 By: isetoru Category: スキルアップ, ビジネス
Comments Off



日本元気塾プレセミナー

「巨大な生保業界に風穴をあけられるか」
~ライフネット生命保険・岩瀬大輔氏が語る「志」~@アカデミーヒルズへ。

話し手は「新たに」立ち上がったネット販売中心の生命保険会社である

ライフネット生命保険副社長の岩瀬さん。

モデレーターは一橋の米倉誠一郎教授です。

ライフネット生命保険は2008年5月開業。

132億円調達してスタートした「骨太のベンチャー」です。

日本のGDP560兆円。

その中で、生命保険市場はなんと45兆円の巨大市場なのです。

しかもフローで毎年この売上!

IT産業12兆円、結婚産業3兆円といったものと比べるといかに巨大かわかります。

同時に

不透明な価格設定と護送船団方式による非効率な経営体制で

高価なサービスをユーザーに強いてきたジャンルでもあります。

日本では一人当たりの保障金額が他国の3~6倍だそうです。

しかも、他国と比べて何倍も高い保険料を徴収してるそうでした。

(このあたりはたまーに言われてる話でしたが、正確には知りませんでした。)

1000万円の10年定期、30歳男性の月払保険料の場合

日本2500円、アメリカでは710円だそうです。。

3倍以上~(苦笑

生命保険業界では、これまで新規参入が無く(まぁハードル高いですが

また料率を一番効率の悪い企業に合わせて調整してきたとのこと。

実質的には社会主義そのもの!です。

ライフネット生命保険は

そこに風穴を開けることができるのか!?

というチャレンジを開始中、と。

チャレンジャーなので色々新しい事をやって

摩擦も生んでるようですが(笑

↓参照記事

業界初!“保険の原価”を開示したライフネット生命に怨嗟の声
http://diamond.jp/series/inside/08_12_13_001/

ただ規制については

岩瀬さんのお話によれば、

「逆に規制強化すべき・・・適正な規制を!」とのことでした。

まず情報開示を強制すべきである。

営業方法にも規制をかけるべきである。

そういったユーザー視点の、

より良いサービスを提供させるための規制であればアリではないかと。

なるほど。

規制を緩和すれば良い、

締め付ければ良い、

と一概に言うべきではないとはよく言われてますが、

案外感情論で片付けられてることは多いかも知れませんね。

本来は冷静に分析し、一番良いチョイスを、というだけの話ではあります。

そして

ユーザー的に重要なポイント。

ライフネットのような新しい風によって値下げ合戦が起こると、

国民の可処分所得が増えるという事です。

例えば月3万円支払っていた生命保険が月1万円で済むようになれば、

毎月使えるお金が2万円増えるという事です。

それが何らかの消費にまわる。

国が活性化する。

そういう視点もありますよね。

というか

実は超長期で見ると、物凄く壮大で重要な話という気がしてきました・・・。


自分は生命保険には入ってません。

ただ、将来入るとすれば

こういった「情報を開示し、明確でわかりやすいサービスを提供している」企業が

選択肢の上位に来るのは間違いないと思います。

最後は熱い質疑が延長して行われました。

楽しかったです。



そうそう、

本八幡から都営新宿線の始発に乗ったら

自分の車両は自分しかいませんでした。

始発万歳!(笑

超凡思考
超凡思考

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

グーグルアドワーズセミナー@渋谷セルリアンタワーGoogle株式会社

2 月 25, 2009 By: isetoru Category: スキルアップ, ビジネス
Comments Off



グーグル社内で行ってくれている

アドワーズセミナーに参加しました。



アドセンスは使っているのですが、

アドワーズはどんどん仕組みも進化しているらしい、

というくらいの認識で・・・もっぱらクリックする側です(苦笑

でも本当はアドワーズも

一つの大きなネット広告手法として

全力で使いこなせるようにならないといけないはず。。

という事でお話を伺いがてら先端の企業訪問的に。


仕事もあるので1部のみになってしまいましたが、

アドワーズを本当に高度に使いこなせるようになったら

どんなジャンル、商売でも食べていけるんだろうなぁ・・・と強く感じました。

少なくとも現状の枠組みが一気に崩れない限りは、ですが

キーワード広告というジャンル自体がなくなるとは考えにくいです。



わかりやすいお話で勉強になりました。

キーワードのチョイスは

「検索力」と一緒で想像力、脳の世界なんですよね実は。

もちろん自動システムでも一気に吐き出してくれるサイトもありますが・・・。

それらが必ず自社製品にマッチして最高効率のものとは限らない。

登録だけしてありますが、

近いうちにじわじわと極める方向に進みたいです。。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

プロが教える儲かっているサイトのデザイン&コンテンツ作成テクニック徹底解説セミナー@東京国際フォーラムG

2 月 11, 2009 By: isetoru Category: スキルアップ
Comments Off

「プロが教える儲かっているサイトのデザイン&コンテンツ作成テクニック徹底解説セミナー」

という物凄い長いタイトルのセミナーへ。



場所は東京国際フォーラムG棟の会議室。

朝っぱらからです。

2時間ほどでしたが、

当たり前の知識から強く意識しておくべき内容まで

割と盛りだくさんでした。

正統派のことをきちんと具体的に説明していたので良い感じです。

しかし各所で取り上げられますが、

ジャパネット高田の事例は恐ろしすぎる・・・。

あの計算され尽くしたデータと感情の繰り返し洗脳表現!(笑

「100グラムです!(データ」
「ね、軽いでしょう!(感情」

「大容量バッテリー!(データ」
「1回でなんと400枚も撮れます!(400枚印刷した写真が壁に貼ってある、感情刺激」

恐るべし。。

そうやって引き込まれていくのですね、

わかります(笑

しかしやはり

売れてるショップサイトは

「ポジショニングメッセージが明確でわかりやすい」

という巨大な共通項があるのだなあという点も再認識。

うーむ。

そして

先日ジムで軽い水虫をうつされたのですが(苦笑

なんとそこから傷になり雑菌が入り

何かの細菌に感染列島。

歩くと足の甲まで痛みが走る状態に。

という事で抗生物質飲んで寝てろ指令が医者から下されました。

どんだけ抵抗力弱いんだよ!(苦笑

いや、まぁ倒れるまで動き回って

倒れたら復活して動き回る、

を繰り返してるからかも知れないけど・・・。

水虫自体全然ならないのに・・・

床やマットが汚いジム風呂はもうやめて

汗だくで帰宅して家風呂しようかな・・・。

でも風呂洗って沸かす気力が無い日って多いしなぁ。。

などと色々余分な事を考えつつ。。

明日は全キャンセルで静養。。

確か

海外のジムではそういうのの対策に

コーンスターチを足の指の間に塗りつける空間があったような。

じゃあ今度小麦粉でも・・・(違

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

人生の転機を描く~「ドラゴン桜」著者の三田紀房が「天職」を斬る!@ライブラリートーク

12 月 09, 2008 By: isetoru Category: スキルアップ, ビジネス, マンガ
Comments Off

ライブラリートーク@アカデミーヒルズへ。





ノウハウ系マンガ大好き人間としては

今日の三田紀房氏ははずせないところ(笑

というか超楽しみでした。

密かにファンと言えるかも。

彼は

『ドラゴン桜』で受験を描き(完結)、

『銀のアンカー』で就職を描き、(連載中)

『エンゼルバンク』で転職を描き、(連載中、ドラゴン桜の続編風)

『マネーの拳』で起業を描いています。(連載中)

実はその前に野球マンガもあったりします。

で、上記の4つは全部読んでるのですが

どれもノウハウが先端のリアルなものなのですね。

(彼曰く、ネタは全部編集に用意させて自分が加工する。)

転職エージェントを主人公に転職ノウハウ、日本の業務環境を描く

エンゼルバンクでは、

リクルートエージェントのまわしものとして?(笑)

転職代理人の必要性を説いています。

(モーニングの某号ではリクルートエージェントの広告マンガを描いてました。)

個人的にはこのトークは埋まるんじゃないかなーと思っていたものの

そういう風味でもなく逆にビックリ。

でもそれなりにギッシリ。

で。

トークです。

緊張されてるのか、しきりに体が揺れてますが(笑

楽しい話を聞かせてくれました。

彼は元々、池袋西武の社員だったそうで。

その後も岩手で洋品店をやっていたようです。

その後、30代で漫画家へ。

というかなり遅咲きの漫画家。

本当にビジネスとしてマンガに目をつけただけあって

全体的に仕事としての戦略がハイクオリティな印象を受けました。

そういう基本こそが彼を支えてきたような気がします。

彼のマンガ事務所は定時で終わってみんな帰宅するそうです(笑

しかも金土日が休みの4勤3休制らしい!!!

元は彼も徹夜系だったらしいのですが、

切羽詰ってくると逆に無理が出るだけなので切り替えたそうです。

今は週刊連載1本(エンゼルバンク@モーニング)、

隔週連載2本(銀のアンカー@スーパージャンプ、マネーの拳@スペリオール)

という状況らしい。

これだけ描いて残業なしって凄いなー。。

しかもゴルフに行ったり執筆活動もしていて、

素晴らしい「仕事整理術」をお持ちのようです。

さて、彼の昔の話。

週刊ゴラクで連載が決まった際、

その雑誌での人気漫画「ミナミの帝王」(Vシネマによくなってますよね)を

徹底的に真似たそうです。

とりあえず

・キャラの顔がデカイ

・決め台詞がある

というのは重要らしい(笑

確かに彼のマンガはそういうところがある気がする・・・。

そして「クロカン」を描いたとの事。

人気を取る!と決めて明確な目標を持って動いたという点は

既に自分自身がドラゴン桜みたいな哲学を持ってたって事ですね。

そういうビジネス系漫画家ってもっといてもいいと思うのですが、

多分大学教授の純粋培養と同じような弊害がマンガ界にもあるんでしょうね。

特にビジネスマンガの場合は

社会を見て描いた人の方が面白いと思うんですよね、多分。

(ナニワ金融道の青木氏はその典型。)

もう一つ、

誰かのウケウリらしいのですが、

タイトル決めの際は

・濁点、破裂音を入れる。

・「ん」を入れる

と良いそうです(笑

「ドラゴン桜」

「銀のアンカー」

確かに入ってる・・・。

「マネーの拳」

・・・あ、濁音ありませんね(笑

まぁそんな感じで。

楽しくて具体的な話が続きます。

彼は漫画家を天職と考えているそうです。

それは完全実力主義の社会だから。

確かにそれは言えます。

人脈で売れたマンガなんて、普通はありませんからね(笑

そして

今回は「銀のアンカー」を並べて売っていて、

帰りに1番乗りでサインを頂きました。

(銀のアンカー持ってるんだけど1巻だけ再度購入(苦笑

なんか凄く時間かけてくれました。

何を書き始めたのかと思いきや、

なんと一人ずつ絵を描いてくれました!



カリスマヘッドハンターの白川氏の絵ですね。

うーん、ありがとうございます!

その後、

初めて交流タイムに残ってみるものの

三田氏は延々とサイン会を行っていて、

中央は人もまばら。

サンドイッチをいくつか食べて烏龍茶飲んで

帰宅してしまいました(笑

やっぱりこういうところで交流できないのが

本来のヒッキー体質なんだろうか。

一見アクティブでも

やっぱり話したことが無い人と話すのにはまだ壁があるようです。

しかし無料でこんな良い話を聞いて良いんだろうか。

ありがたいことです。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

← 前へ