誇り高きデザイン 鍋島@サントリー美術館

9 月 03, 2010 By: isetoru Category: アート
1 Comment →



東京ミッドタウンにあるサントリー美術館へ。

鍋島焼の特集展示中です。


陶芸をやってはいますが、

色絵は別物。

絵の世界だと思ってます。

で、

どっちかというと釉薬が自然に溶けてランダムに現れる文様が好き。

あとは彫刻系や象嵌かなといったところ。

なので、もちろん見てまわってますが、

好きな器はそう多くない。

鍋島焼で言えば雪輪文。

これが脳内の「良い鍋島」の99%くらいを占めてます(笑

今回も小さい雪輪文の皿が一つあって、

基本的にはそれだけで満足。


そして密かに

当代の今泉今右衛門(有田)の作品が強い!

これは素晴らしい工芸と心底思います。

こんなの玄関にある家は最強です。

これは好きだな~。

絵でもここまで工芸を極めると全く違います。

銀とか入ってくると、どことなく七宝にも見えますが、そこが良いのかも。


上絵も自分でやったらまた違う世界が楽しめるようになるのかも。

ただ、呉須での青い絵だけを楽しいと思うことはないだろうなぁ。

それでも水墨画は好きというわけわからなさですが、

人間そんなもんです(笑

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

リッツカールトン東京@ミッドタウン

7 月 27, 2010 By: isetoru Category: ネタ
Comments Off

ミッドタウンに移動。

軽くお茶でもしましょうぜ、という事になったのですが

既にコアタイムじゃないのにカフェが全て混みすぎ・・・(苦笑

ふと

リッツでお茶する野望を思い出し・・・

商談風味で45Fのリッツに上がってみました(笑



アイスのブレンドコーヒー2000円弱。

かなり変わった風味。

ちょっと苦味が強いかなぁ・・・。

というのはまぁ余り関係なくて、

この空間自体を味わいに来たのです。


中央ではピアノとヴァイオリンのお姉さん2人組みがひたすらクラシック演奏。

余りみんな聴いてるのか聴いてないのか・・・

あれはあれで大変な仕事だなぁ・・・。

選曲がクラシックかつ保守的にならざるを得ないから、

確かに脳に刺激が来にくい。

トロイメライやアヴェマリアを並べるしかないんだもんね。。

拍手する感じでもないし。

少しの休憩で再開して、連続でやるみたい。

大変そう。。


空間は天井が高くて、

でも喫煙可能なエリアが結構あってアレは無いなと思ったり。



まぁ空間はもちろん立派です。

でもまぁ今更、物理面で何かを感じろというのも難しいわけで、

ああ、まぁこういう感じだよね、という程度w

(もちろんリッツの価値はスタッフのホスピタリティでしょうから、

純粋な豪華さだけ見ても仕方ないんでしょうけどw

泊まる機会もなさそうなので・・・。)


ネタとしてミッドタウンの隠し部屋を覗いた感じなのでした。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

クリストとジャンヌ=クロード展@ 21_21 DESIGN SIGHT東京ミッドタウン

3 月 05, 2010 By: isetoru Category: アート
Comments Off




サントリーに来たからには

21_21 DESIGN SIGHTへも立ち寄り。

http://www.2121designsight.jp/

雨の中で人は余りおらず。

クリストとジャンヌ=クロード展は

世界各地で巨大現代アートを展開した夫婦アーティストの展示です。

実物は持ってこれないので

映画と写真展という感じ。

どういうことをやっていたかというと

例えばNYのセントラルパークの通路全てに

布の下がったゲートを大量設置したり、

渓谷を布で塞いだり(苦笑

島の周りの海を布で覆ったり(苦笑

巨大建築物を布でくるんだり。。。

といったかなりアレな巨大インスタレーションアートです。

もちろん何らかの主張がそれぞれに込められてるし

元は絵として手元で描いてあるのですが、

何しろ「景色を変える」というアートというのが何とも壮大です。

実際に見たら

アートに詳しいも詳しくないも無い。

興奮すると思います。

いつも渡ってる橋が全部布でくるまれてたら、ぶっ飛びますよね(笑

日本でも上野公園内で布で通路を覆ったりしたそうですが、

大規模なものは拒否されて出来なかったらしい。

今ならOKになるんだろうか・・・。

いや、上野は無理だろうな。

映画上映も少しだけ入りました。

セントラルパークで

ゲートから布が垂れ下がる度に歓声を上げる市民たち。

楽しそうでした。

こういうアートもあるのですね。


_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

おもてなしの美@サントリー美術館

3 月 05, 2010 By: isetoru Category: アート
Comments Off



ミッドタウンへ移動。

サントリー美術館へ。

今期は「おもてなしの美」。


http://www.suntory.co.jp/sma/


茶道で半年通ったために

ミッドタウン、サントリー美術館は十二分に脳内空間になりました。

全てを把握すると、高速で移動できるのが良いですね。

で。

おもてなしの美、です。

のっけから季節もの、江戸時代の雛人形。

そしておもてなしに使われた器の数々が並びます。

正直興奮する?対象とそうでもない対象がクッキリ。

やっぱりどちらかというと器好き。

自分は絵巻屏風とかそんなに興味が無いのかなぁ。。

(深くわからない、知らないからかも知れません。将来は変わるかも)

野々村仁清の茶碗最高です。

欲しいです(マテ

あとは塗り物がかなり多目でした。

江戸時代にこれを海外に持っていったら

そりゃ感動されますよね。。

器メインで堪能して退散。

クリアファイルはなし。



余りにも空腹であることに気がつき、

一瞬考えるもファーストフード的に

名古屋コーチンの鶏三和で久々に親子丼。

まぁ普通に美味しいけど、超空腹にしては普通かも知れない。。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

清方ノスタルジア@サントリー美術館

1 月 11, 2010 By: isetoru Category: アート
Comments Off



チケットがあるのに展示が終わってしまう・・・

ので

強引に?サントリー美術館へ。

「清方ノスタルジア」です。

日本画家・鏑木清方の展覧会。

混み混みを恐れていきましたが、

そうでもなくてほっとしました(笑

入り口からいい感じの美人画が並んでます。

上手すぎる・・・。

まぁ当たり前だけど(笑

TVや雑誌で見たことがあるような絵もチラホラ。

1878年生まれ、1972年没って94歳か。

当時の人の中には異様に長生きな方が混じってますが

大体芸術系か政治系のような気がします。

淡々とやるべき事を進めていく、

そのために健康管理が必要になる。

体を壊すと仕事で命取り。

その結果として長生きしてるんじゃないでしょうか。


あと、今回は本人の所蔵品らしきものもあるのが良いですね。

今は記念館も鎌倉にあるらしく、

今度鎌倉に行った際には立ち寄ってみようかな。

http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/

クリアファイルを2枚ゲット。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

← 前へ