スカイプラネタリウム@森アーツセンターギャラリー

12 月 30, 2010 By: isetoru Category: アート
Comments Off



森アーツセンターギャラリーにて

スカイプラネタリウム。

ウォークスルー型のプラネタリウムや

大型スクリーンでの映像。

監修は

あのホームスターの大平氏。

同じヒルズでセミナーがあったんですが、

申し込みつつ仕事が多くて行けなかった・・・(苦笑

という事でプラネタリウムくらいは・・・。



セガトイズのホームスターは

出た時に買いました。

アレはまだ1Kの部屋に住んでいた頃で

寝室の天井に投影して楽しんだものです。

流れ星もありましたw



で。

今回の展示は

激混み!の中に突入したので

ゆっくりとは楽しめず。

暗闇にベビーカーが多数いたりして謎(苦笑

でもそれなりにウォークスルーという

変わった形での投影を楽しみました。


大型スクリーンで

ひたすら地球を中心に宇宙の端まで遡る映像も良かった。

というかこれが良かった。

宇宙の大規模構造までのさかのぼり。

太陽系なんていかに小さいかよくわかります。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

小谷元彦展 幽体の知覚@森美術館

12 月 30, 2010 By: isetoru Category: アート
Comments Off



森美術館の新しいタームが始まりました。

という事で早速。

「小谷元彦展 幽体の知覚」です。

http://www.mori.art.museum/contents/phantom_limb/index.html

初っ端から血まみれキモキモ系(苦笑

これさー

現代アートに最初に触れるのがこういうのだと

相当見る人を絞り込んじゃうんだってばw

まぁ仕方ないけど。

お陰で現代アートの美術館はいつもスッカスカです。

「痛みや恐怖などの身体感覚や精神状態をテーマに、
見る者の潜在意識を刺激するような作品を制作」

という解説ですが、まさにそんな感じはあります。

いいものもあるし、

ただのグロもある。

そんな印象。


一番好きだったのは

滝の映像の中に入る作品展示。

まるで自分のいる床がどんどん下がっていくかのような感覚。

これはなかなか面白い。


というか

現代アートなんてものはそもそも存在しなくて

昔の現代アートで生き残ったものがクラシックアートになってるだけ

という感覚が最近あります。

良いものは良いし

嫌なものは嫌。

そういう意思表示をして

アートを自分なりに絞り込んで楽しめれば何でも良いのかも。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

北原照久の超驚愕現代アート展@森アーツセンターギャラリー

11 月 02, 2010 By: isetoru Category: アート
Comments Off



森アーツセンターギャラリーへ立ち寄り。

いただいたチケットでラッキーに入場(笑

森美術館の一部のように見えつつ、

実は貸しギャラリーで別料金というアーツセンターギャラリーなのです。

で。

今回はおもちゃコレクターの北原氏が所有する現代アート作品群です。

さすがに大量に持ってますね(苦笑

そもそも、若手の段階で作品が流れてくるようで・・・。

そして

やはりどちらかというと人形だったり、立体物だったり

確かにどことなく「おもちゃ系」の作品が多いです。

やはり好みが現れてますねー。

たまに気持ち悪いのもありますが、

基本的にはおもちゃコレクターの現代アートコレクション、という印象。

思ったよりボリュームもある展示でした。

カタログを買ってみて退散。

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

ネイチャーセンス展@森美術館

8 月 03, 2010 By: isetoru Category: アート
Comments Off



六本木ヒルズの森美術館へ。

今回は自然との関係性をテーマにした

ネイチャーセンス展が開催されています。

http://www.mori.art.museum/contents/sensing_nature/exhibition/index.html


吉岡徳仁、篠田太郎、栗林隆の3人のアーティスト/デザイナーによる

インスタレーション。

羽毛の雪がひたすら降っていて積もっていたり、

低い穴から顔を出すと森になっていたり、



重森三玲の山水風味を、水盤に水滴を落とす事で表現したり。

どれも興味深かったです。

当然写真撮影もOK。

最近撮影OKの美術館ばかり行ってる気がするなぁ(笑

まぁ現代アートで、なおかつインスタだからか。。

結構楽しかったです。

そして

最終的に自然の造形美と存在にはかなわないのだ、

という点は

作品を通じて再認識。

「自然」を生かした、味わうアートです。

最後の方で別の展示も。

木彫りの板でアニメを作る恐ろしいこととかやってましたw

結構凄いです。



_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

六本木クロッシング 芸術は可能か?@森美術館

4 月 07, 2010 By: isetoru Category: アート
Comments Off



六本木クロッシング 芸術は可能か?@森美術館へ。


http://www.mori.art.museum/contents/roppongix2010/index.html


一応会員だし、たまに元を取らないと。。

しかも雨なのがちょうど良いです。

雨の時には展望台の客が居ないので、

非常に過ごしやすい(笑


で。

現代アートの展覧会ですが、

今回の趣向では、ほとんどの作品が撮影可能で、

好きな作品に投票したり

ブログに書いたりできるよ、というものなのです。



良いものみたら写真に撮りたくなる心理ってありますよね。

なので、

作品を(携帯だけど)パシャパシャ撮れるのは気持ちよかったです。

個人的に一番好みだったのは、

サウンドスカルプチャー、

要は音の出る動きのあるギアですね。

宇治野宗輝という人の作品群です。

http://the-rotators.com/

レコードの上に色鉛筆が各所ささってて、

それがオルゴールのようにひっかかる都度、

何か変な音が出る。

そんな作品が何点かありました。

これは好きだ(笑






割とあっという間に見終わり。

思ったより人がいましたが、

それでも空いてるのが現代アートの良いところ(良いのか?(笑

今回も奇妙なもの、

激しい主張など色んなものにめぐり合えました。





_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

← 前へ