岡本太郎の眼@岡本太郎記念館

5 月 14, 2010 By: isetoru Category: アート
Comments Off

表参道に来たんだし。

という事で岡本太郎記念館へ。



現在開催中の企画は「岡本太郎の眼」

彼が撮影した写真と、

彼が描いた目玉系の絵を中心に。



太陽の塔のミニモックアップもありました。

ここは完全に撮影OKなので、

みんなパシャパシャ撮ってます。

といっても数名しか来てなかったけど。

彼のアトリエを見ると、

創作のパワーがまだそこに残ってるような気がしてきますね。



_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

六本木クロッシング 芸術は可能か?@森美術館

4 月 07, 2010 By: isetoru Category: アート
Comments Off



六本木クロッシング 芸術は可能か?@森美術館へ。


http://www.mori.art.museum/contents/roppongix2010/index.html


一応会員だし、たまに元を取らないと。。

しかも雨なのがちょうど良いです。

雨の時には展望台の客が居ないので、

非常に過ごしやすい(笑


で。

現代アートの展覧会ですが、

今回の趣向では、ほとんどの作品が撮影可能で、

好きな作品に投票したり

ブログに書いたりできるよ、というものなのです。



良いものみたら写真に撮りたくなる心理ってありますよね。

なので、

作品を(携帯だけど)パシャパシャ撮れるのは気持ちよかったです。

個人的に一番好みだったのは、

サウンドスカルプチャー、

要は音の出る動きのあるギアですね。

宇治野宗輝という人の作品群です。

http://the-rotators.com/

レコードの上に色鉛筆が各所ささってて、

それがオルゴールのようにひっかかる都度、

何か変な音が出る。

そんな作品が何点かありました。

これは好きだ(笑






割とあっという間に見終わり。

思ったより人がいましたが、

それでも空いてるのが現代アートの良いところ(良いのか?(笑

今回も奇妙なもの、

激しい主張など色んなものにめぐり合えました。





_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

アーティスト・ファイル2010@国立新美術館

3 月 05, 2010 By: isetoru Category: アート
Comments Off



上のフロアで開催中の

「アーティスト・ファイル2010」へ。

日本の若手現代アーティスト7名の作品群です。


http://www.nact.jp/exhibition_special/2009/03/af2010.html


もうしょっぱなからアレですが、

っていうか一人目の作品外から見えてる(笑


現代アートはわけわからんものから

おお、というものまで

人によって捉え方はマチマチかなと思います。

現代、クラシックの扱いについて

最近素人考えですが、色々考えてます。

(それは別に書きますか。)


で。

作品群ですが、

「ぷっ」

と思ってしまうものから

「うおおおお」

と感じるものまでありました。

一番凄いと思ったのは

石田尚志の映像インスタ。

一筆描くごとにコマ撮りした映像を使ったアート映像なんですが・・・

かっこいい。

素晴らしいです。

気に入りました。

他の作品もぜひ観てみたいです。


全体的にみんな若手で

30代、40代といったところ。

逆に、アートの世界では若手では無いのかも知れないけど。。

最近つとに思うのは

同時代の人をもっと応援すべきですね。

過去の偉人の作品は素晴らしい。

でも、そればかり追うのは間違いです。

今作られている

今飾られている誰かの作品が

いずれそうなります。

ただ、そうなるには応援が要る。

だからもっと同じ時代ですげー!と思う人がいたら

応援していきたいななどと思ったりするのです。

これもクラシックと現代の話に絡みますが、それはまた後日(ぉ

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

クリストとジャンヌ=クロード展@ 21_21 DESIGN SIGHT東京ミッドタウン

3 月 05, 2010 By: isetoru Category: アート
Comments Off




サントリーに来たからには

21_21 DESIGN SIGHTへも立ち寄り。

http://www.2121designsight.jp/

雨の中で人は余りおらず。

クリストとジャンヌ=クロード展は

世界各地で巨大現代アートを展開した夫婦アーティストの展示です。

実物は持ってこれないので

映画と写真展という感じ。

どういうことをやっていたかというと

例えばNYのセントラルパークの通路全てに

布の下がったゲートを大量設置したり、

渓谷を布で塞いだり(苦笑

島の周りの海を布で覆ったり(苦笑

巨大建築物を布でくるんだり。。。

といったかなりアレな巨大インスタレーションアートです。

もちろん何らかの主張がそれぞれに込められてるし

元は絵として手元で描いてあるのですが、

何しろ「景色を変える」というアートというのが何とも壮大です。

実際に見たら

アートに詳しいも詳しくないも無い。

興奮すると思います。

いつも渡ってる橋が全部布でくるまれてたら、ぶっ飛びますよね(笑

日本でも上野公園内で布で通路を覆ったりしたそうですが、

大規模なものは拒否されて出来なかったらしい。

今ならOKになるんだろうか・・・。

いや、上野は無理だろうな。

映画上映も少しだけ入りました。

セントラルパークで

ゲートから布が垂れ下がる度に歓声を上げる市民たち。

楽しそうでした。

こういうアートもあるのですね。


_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

21世紀美術館@金沢市

12 月 09, 2009 By: isetoru Category: アート, 旅行
Comments Off



千葉→京都→滋賀→石川

と移動ばかりしていた一日。

夕方に21世紀美術館に到着。

実は金沢には初めてきました(笑

でも石川は初めてではありません。

学生時代に来たのですが、

黒部を見て富山を巡り、

能登半島一周して、

そのまま福井に行ってしまったのです(笑

輪島や、

砂浜を車で走ってよい道とかも楽しみましたが

金沢市内には向かわなかったのですね。


という事で

初めて金沢市内の様子、兼六園や周りの美術館の位置関係を知りました。

21世紀美術館はそんなに大きくは無いのですが、

やはり圧倒的な存在感。



建物とその外周からして、既に普通ではありません。

とりあえず

有名な常設展示は気になるので・・・

入り口の横にあった

レアンドロ・エルリッヒの「スイミングプール」(2004)

から。

フェイクプールです。



まぁ仕組みは全然たいしたことなくて、見ての通りです。

でも面白い。

上と下から見ることが出来るのが良いですねー。

ジェームズタレルの作品、というかタレルの部屋がありました。

例のごとく、四角い部屋で空が四角く切ってあって、内周がベンチ。

空は窓が無いので、寒い!(苦笑

石のベンチ冷たい!(苦笑

やはりポカポカする季節に見たいですね。。


現在の企画展示は

「オラファー・エリアソン あなたが出会う時」

http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=19&d=460

光を駆使したインタレーションの連発です。

結構凄い。

感動しますね~。

いや、光でちょちょっとやってるだけだろ、って思うじゃないですか。

でも

部屋丸ごと証明してあったり、

スモーク炊いて虹色の照明当てられてたりすると、

やっぱり非日常に引き込まれる感覚はあるんですよね。

へぇーと感心しきり。

こういう場合でも、映像作品系は余り自分には合わないのですが・・・

光のインスタはバッチリ、味わいました。


外周を巡ってて、

兼六園の閉演時間を聞いたら、もう終わってるくさい。

残念。


しかし今日の2大目的は両方果たしており、

既にこの旅のミッションは100%コンプリートしてるので、OKOK。

あとはおまけ、積み増しです。

バスで金沢駅に戻る途中、

スタバを3軒みました、狭い範囲に。

あるとこにはあるんですねぇ。。

500m間隔くらい?(笑

_
★ブログランキング参加してます!!たまに↓をクリックしてもらえると嬉しいです(^^b




スポンサード リンク

← 前へ